鹿島は要注意! ペルセポリスの若き守護神は、あのC・ロナウドを完全に止めた男だ!!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年11月02日

魅力は守備面だけにあらず。

クラブ史上初のアジア制覇を目指し、鹿島の偉業達成を阻まんとするペルセポリス。そんなチームを牽引する存在として要注意なのが、守護神のベイランバンドだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 クラブ史上初のアジア制覇、そして通算20冠という偉業達成へ。鹿島アントラーズは、11月3日に行なわれるアジア・チャンピオンズリーグ決勝の第1レグに臨む。

 悲願のタイトル獲得を目指す彼らの前に立ちはだかるのが、ペルシアの強豪ペルセポリスである。

 イラン王者として臨んだ今大会は、グループステージを4勝1分け1敗で首位通過。決勝トーナメントでもアルジャジーラ(UAE)、アル・ドゥハリ(カタール)、アル・サッド(カタール)といった中東の難敵たちを次々と倒し、決勝へ駒を進めてきた。

 そんなペルセポリスとの決戦に臨むうえで、鹿島が十分に注意を払わなければならないのが、守護神のアリレザ・ベイランバンドだ。

 現在25歳と、GKとしては若い部類に入るベイランバンドだが、その実績は十分にある。今夏に行なわれたロシア・ワールドカップでは、イラン代表の守護神として全3試合に出場。チームはグループリーグで敗退したものの、彼はその落ち着いたセービングの数々で、大会を沸かせた一人ともなった。

 とくに脚光を浴びたのは、グループリーグ第3戦目のポルトガル戦だ。チームが1点のビハインドを背負った53分、VAR判定の末にPKが相手に与えられる。

 キッカーはサッカー界を代表するスーパースター、クリスチアーノ・ロナウドとあって、誰もが失点を覚悟したなかで、ベイランバンドは名手が右に蹴ったキックを完璧に読みきってセーブしてみせた。

 この窮地を脱し、追加点を許さなかったイランは、後半アディショナルタイム3分に追いついてドローに持ち込んでいる。ベイランバンドはPK以外にもC・ロナウドが迎えた決定機を防ぎ、まさに試合の“表情”を変えてみせたのだった。

 ベイランバンドの最大の魅力は、196㎝・85㎏という恵まれた体躯を利したプレーだろう。まるで城壁のごとく、ゴール前に立ちはだかって相手を委縮させ、そのリーチと冷静な判断を活かしたセーブで、ことごとくシュートをストップ。そして機を見ては、自慢の強肩からカウンター攻撃を演出し、攻撃面においても存在感を放つ。

 そんな身体能力に長けた守護神が立つペルセポリス守備陣を、鹿島はいかに崩すのか? アジア制覇に向けての、大きなポイントとなりそうだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ