イタリア代表次期監督 本命コンテは辞退か。ザッケローニの可能性も

カテゴリ:国際大会

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2014年08月05日

8月11日のFIGC会長選挙の行方に注目。

ワールドカップでは期待を大きく裏切ったザッケローニだが、イタリア代表の次期監督候補として名前が挙がる。 (C) Getty Images

画像を見る

 ブラジル・ワールドカップで敗退後にチェーザレ・プランデッリが辞任して以来空席になっているイタリア代表監督ポストは、8月11日のイタリア・サッカー連盟(FIGC)会長選挙後、新会長の権限で任命される予定になっている。
 
 下馬評で本命と見られているのは、ユベントスの監督を電撃辞任したアントニオ・コンテだ。もっともコンテ自身は、40代のいま代表監督の座に就くのはキャリア上タイミングが悪いと考えているようで、年俸の低さ(170万ユーロ=約2億3800万円)も含めて、オファーを受けても断る可能性が高い。
 
 他にはロベルト・マンチーニ(前ガラタサライ監督)、ルチアーノ・スパレッティ(前ゼニト監督)の名前が挙がっているが、現時点でFIGC会長就任が濃厚と見られているカルロ・タベッキオは、アルベルト・ザッケローニ(前日本代表監督)を登用したいと考えているという噂も聞こえてくる。まずは会長選挙の行方に注目だ。
 
文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野道郎
【関連記事】
【移籍市場超速報】前イタリア代表監督プランデッリがガラタサライの指揮官に
W杯 日本代表総括|良き指導者であっても勝負師ではなかったザッケローニ監督の限界
W杯 日本代表総括|週刊サッカーダイジェストによる全23選手と指揮官の評価
W杯 日本代表の攻撃はなぜ機能しなかったのか――ザッケローニに師事した現役イタリア人監督が検証
【日本代表】ハビエル・アギーレ新監督の人物像に迫る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ