「オファーが突然取り下げられた…」「合意に達していた」アーセナルMFが延長交渉破談の真実を激白!!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年10月29日

当初は自ら拒んだとされていた延長交渉。その真相は――。

エメリ新監督の下では、出場機会こそ与えられているラムジーだが、先発出場の回数は少なく、以前よりも立場が揺らいでいるのは確かだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 アーセナルで約10年間プレーしたウェールズの司令塔は、愛着のあったクラブと仲違いをしたまま、ロンドンを去ることになるかもしれない。

 アーセナルのウェールズ代表MFアーロン・ラムジーは、クラブとの契約が2019年6月に満了するが、いまだ契約延長の交渉がまとまっておらず、遅くとも今シーズン終了後の退団が決定的と見られている。

 これまではその去就に関して、多くのメディアで、アーセナルの提示内容に不満を抱くラムジー側が新たな契約を拒んでいると報じられてきたが、実際は違うようだ。英サッカー専門誌『Four Four Two』が、その詳報を本人の言葉を交えて報じている。

 アーセン・ヴェンゲル前監督の下で主力として活躍し、今もなお、ファンの人気が高いラムジーだが、前述の通り、クラブとはいまだ契約延長交渉で折り合いがついていない。その理由として英紙『The Sun』などは、ミランやリバプールといった他のメガクラブからオファーを受けたラムジーがアーセナルとの交渉を固辞してきたからだと、しきりに報じていた。

 しかし、事実は異なっていたようだ。現地時間10月25日に行なわれたヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第3節のスポルティング戦後に、ラムジーは、アーセナルと合意に達していたことを告白し、さらにクラブ側からオファーを下げられたことを明かしたのだ。

「交渉のテーブルに契約延長が乗っていないんだ。だから、考慮する余地もないんだよ。僕らが分かっているのは、テーブルから契約が取り下げられたということだけだ。数週間前に合意に達し、僕らはサインをするのを待っていた。それなのによくわからないよ。何が起きたのか分かってないけど、何かが起きたのは確かだよ。だから、僕はこの件を頭から離さなければならなくて……。できる限りチームを助け、ハードワークしていくだけさ」

 クラブ側から突然、交渉を白紙に戻されたことを語ったラムジーは、「もしも、可能なら、僕にその理由を教えてほしい。もし理由があるなら、僕はそれを真摯に受け止める」と、切なる想いも口にした。

 長年に渡ってアーセナルに小さくない貢献をしてきたラムジー。それだけ愛着のあるクラブを“しこり”を残したまま出て行くことは避けたいと願っているようだが、今後、契約延長交渉に進展はあるのか。仮に退団となれば、移籍市場の人気銘柄となるだけに、その動向から目が離せない。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ