【J1優勝争い】勢いは当てにできない? 川崎と広島の結末を読み解く鍵は…

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2018年10月24日

16年の名古屋の例を見ても

優勝を激しく争う川崎と広島。最後に笑うのは? 写真:Jリーグフォト

画像を見る

 最初に触れたいのは優勝争い。残り4節で、すでに1位の川崎(勝点60)と2位の広島(勝点56)に事実上絞られた。ただ、18節以降、8勝3分2敗と調子を上げてきた前者に対し、後者は4勝3分6敗と失速中。勝点差は4とそれなりに競り合っているが、その戦績から分かるように“勢い”には歴然たる差がある。
 
 だから、川崎が断然優位と、そんな見方もできるだろう。しかし忘れてはならないのが、この2チームは30節終了後から12月1日の最終節まで二度の中断期間を挟むという点だ。

 10月27日にルヴァンカップの決勝、11月には代表活動(16日がベネズエラ戦、20日がキルギス戦)があるため、J1の30節(10月19~21日)~31節(11月2~4日)、32節(11月10日)~33節(24日)の間がそれぞれ2週間も空くのだ。したがって、勢いだけで今後の展開を予測するのは難しいだろう。
 
 勢いがあまり当てにならないのは、2016年シーズンの名古屋の結末を振り返れば理解できるはずだ。
 
 この年、小倉隆史新監督の下でスタートダッシュに失敗した名古屋は、第1ステージ(当時は2ステージ制)の11節からリーグ戦で18試合未勝利とどん底に近い状態に陥る。だが、8月下旬からボスコ・ジュロヴスキー政権に移行し、15年末に退団した田中マルクス闘莉王を約10か月ぶりに呼び戻すと、新体制発足後の5戦は3勝1分けと持ち直した。結果、第2ステージの14節終了時点で残留圏内の15位に浮上したのだ。
 
 しかし、5-0と圧勝した福岡戦(14節)の直後に設けられた3週間の中断期間がチームの歯車を狂わす。いつしか勢いは消えてしまい、相手に対策を練られたこともあり、ラスト3試合は1分2敗……。それまでの快進撃が嘘のようにスローダウンし、クラブ史上初のJ2降格が決定した。
 
 残留を争っていた名古屋の話をここでされても……、という意見もあるだろうが、勢いが如何に不確定な要素かを示す一例であることは間違いない。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月12日号
    2月27日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    「最新序列」
    開幕戦で見せた全容は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ