「ヴィッセル神戸は贅沢」「日本のみなさんに嫉妬を覚える」スペインの名物記者が本音を明かす

カテゴリ:Jリーグ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2018年10月20日

リージョから「日本行き」の相談を受け…。

リージョ監督が持ち込んだポゼッションサッカーの鍵を握るイニエスタ。輝きは増すのか。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

辛口のスアレス記者が称賛するリージョ監督。停滞するチームの立て直しが急務だ。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 あのジョゼップ・グアルディオラ監督(マンチェスター・シティ)と親交が深いことで知られるスペインの名物記者ヘスス・スアレス氏が、『ワールドサッカーダイジェスト』誌の人気コラム『ザ・ジャーナリスティック  スペイン』の中で、ヴィッセル神戸のファン・マヌエル・リージョ監督について言及している。
 
 スアレス氏は、旧知のリージョ監督について、「彼こそが“本物のフットボール”を提示できる数少ない指導者」と、太鼓判を押す。
 
 辛口で知られる同記者がここまで手放しで称賛する指揮官は、ほかにヨハン・クライフとペップ(グアルディオラ)ぐらいだろう。どちらも、ポゼッションサッカーでバルサイズムを築き上げた名将中の名将だ。
 
 実は、神戸の監督に就任するにあたり、リージョから相談を受けていたという。スアレス記者は、日本人のメンタリティーや技術力の高さなどを伝えたそうだ。
 
 コラムの最後には、次のように綴っている。
 
「果たしてリージョは、アンドレス・イニエスタとともに、どんなフットボールを生み出してくれるのか。とても興味深いが、それにしても神戸はなんと贅沢なチームなのだろう。私は日本の皆さんに嫉妬を覚える」
 
 リージョの下でプレーするイニエスタ。その姿を見られるのは、とても幸運なことなのかもしれない。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ