【日本代表】デビュー戦から一夜明け、冨安健洋は「自分が一番ビックリしている」

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2018年10月13日

「ホイッスルが鳴るまで不安な気持ちしかなかった」

笑顔を見せる冨安。練習後には先発したパナマ戦を振り返った。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 3-0と快勝したパナマ戦の翌日、日本代表は新潟市内でトレーニングを行なった。
 
 その練習後、取材に応じたのがパナマ戦でA代表デビューを飾った19歳の冨安健洋だ。冨安はスタメンCBとして槙野智章とコンビを組み、パナマの攻撃に対応。無失点で試合を終えた。

 前日には「今回の合宿では調子が良いわけではないですが、毎日、切り替えながらやっています。ミスも多いですし、普通に良くないです。疲れもあるのかもしれないです」と不安を口にしていたが、ピッチに立てば堂々とプレーし、持ち前のフィード力もアピールした。
 
 その点、自らのパフォーマンスにも驚いているという。

「ホイッスルが鳴るまで不安な気持ちしかなかったです。だから正直、自分でもビックリしています。試合に入るまでの段階でいつも通りの自分でいられなかったというか、コンディションの面もありますが、集中し切れていない自分もいたので、身体が動いてくれて良かったです」

 今後に向けては「周囲との連係をより深めていきたい」と話す。10月16日のウルグアイ戦(埼玉スタジアム2002)ではチャンスが巡って来るか分からないが、大きな一歩を踏み出した俊英の成長に期待したい。
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月1日発売
    ストライカー
    「第3世代の衝撃」
    “新・FW黄金期"が
    まもなく到来!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ