「モドリッチに感銘を受けたんだ」38歳の玉田圭司がプロ20年目の進化を遂げた背景

カテゴリ:Jリーグ

今井雄一朗

2018年10月11日

「自分がチームの潤滑油みたいになれれば良い」

今季20年目を迎える玉田。いまだゴールへの意欲は衰えない一方で「チームの潤滑油」としての役割も担う。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 プロ20年目を迎え、“成人”したとでも言うのだろうか。玉田圭司は、新境地へと向かおうとしている。
 
 ドリブラーでありゲームメーカー。得点もアシストもFKもなんでもこなす攻撃のスペシャリストが、現在見つめているのはハードワークの重要性だ。必要とあらば守備に身体を張り、自陣の危険なスペースを消して回る玉田の姿を見るなんて、肉弾戦の多いJ2で過ごした昨季ですら想像できなかった。
 
「(ロシア・)ワールドカップを見て、特にモドリッチとか一番上手い選手があんなに頑張るんだってことに感銘を受けたんだよね。俺がそういう見方をできたということは、サッカーの感覚が変わってきたということだと思うし、続けていきたい」
 
 8月26日、J1・24節の浦和戦で玉田はとにかくサイドで守備をこなした。左SBの金井貢史の攻撃参加はもはやチームに欠かせぬ武器となっており、その代償として左サイドの裏には広大なスペースが空く。
 
 しかしそこを突かれなかったのは、玉田がきっちりカバーしていたからだった。自陣の深い位置で巧みにパスコースを切り、クロスに身体を投げ出してカットする。「あれはタマさんの経験のなせる業」と佐藤寿人は舌を巻いたが、そもそも玉田が守備に精を出すこと自体が異例。そこで試合後に質問したところ、前述のセリフが飛び出したというわけだ。
 
 成長や進化を望まない選手はいないが、長くキャリアを歩むほど、未開の地を開拓しようとする勇気はしぼんでいく。しかし、ワールドカップ2大会に出場し、かつては攻撃の権化のようだった38歳の大ベテランは自身のプレースタイルを変えようとしているのだ。そんな玉田はこともなげに「自分がチームの潤滑油みたいになれれば良い」とも話す。
 
 得点に関わる仕事は彼の生きがいだ。そこに少しの揺らぎもない。ただ視野はどんどん広がっている。
「以前は自分が点を取る、アシストをする。それをまず考えていたけど、今はそこまでの過程がどうしたら上手くいくのかを考えている」
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月16日発売
    鹿島アントラーズ
    悲願のACL制覇
    「20冠達成記念号」
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月15日発売
    川崎フロンターレ
    J1連覇記念増刊号
    栄光の軌跡をプレイバック
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月13日号
    11月22日発売
    2018年シーズン J1全18クラブ
    「補強予測」
    今季の戦いぶりから占う
    ベスト&ワーストシナリオ
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月6日発売
    取材記者が注目17人を斬る!
    2019年移籍マーケットの
    メインキャスト身辺調査
    豪華壁掛けカレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.26
    12月5日発売
    冬の決定版!
    2018選手権名鑑
    男子48代表・1440選手を紹介
    女子も32代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24