「W杯後に監督の座を降りるべきだった」“レジェンド”バラックがまたもやドイツ代表指揮官を批判!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年10月11日

「コーチを守ることが“分析する”ということなのか?」

バラックはロシアW杯のドイツ代表を率いたレーブの進退について、再び批判を口にした。写真は「THE BEST」の表彰パーティーにて。 (C) Getty Images

画像を見る

 ロシア・ワールドカップではグループステージで敗退したドイツ代表。大会後は、メスト・エジルらの引退などで様々な話題となったが、ヨアヒム・レーブ監督の下で再始動しており、ネーションズ・リーグ(NL)で13日にオランダ代表、16日にフランス代表と対戦する。

 しかし今回の代表ウィークでは、負傷による辞退者が続出している。ドイツ・サッカー連盟(DFB)は、レオン・ゴレツカ(バイエルン)、マルコ・ロイス(ドルトムント)、ケビン・トラップ(フランクフルト)、アントニオ・リュディガー(チェルシー)、カイ・ハベルツ(レバークーゼン)ら5名が、負傷により辞退したと発表。代わりに、エムレ・ジャン(ユベントス)、ベルント・レノ(アーセナル)の追加招集が発表されているが、かなりゴタついている印象だ。

 そんななか、とある元ドイツ代表選手がレーブ監督の進退について、批判的な意見を口にした。元ドイツ代表MFのミヒャエル・バラックだ。

 バラックはロシアW杯でドイツ代表が敗退した際も、自身のツイッターでチームの戦いぶりについて疑問を呈し、リロイ・サネ(マンチェスター・シティ)を招集しなかったレーブ監督を、真っ向から批判したこともあった。

 バラックは今回、ドイツ全国紙『Deutschen Welle』の取材に対し、「レーブがまだ代表監督の仕事を続けていることに驚いている」と語った。

「長い期間、彼は代表チームで仕事をしているけれど、過去に成し得たこととは別に、現在うまくいっていない点は指摘すべきだ。

 外部の人間からの意見だが、レーブはロシアW杯後にドイツ代表監督の座を降りるべきだった。才能豊かな選手を抱えた代表チームに関することであり、本来は大会前に議論されていても良かったことだ。

 ロシアW杯には、皆が失望した。けれどDFBは、分析すると言ったのみでレーブを留任させた。コーチを守ることが“分析する”ということなのか? 大いに疑問だ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月16日発売
    鹿島アントラーズ
    悲願のACL制覇
    「20冠達成記念号」
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月15日発売
    川崎フロンターレ
    J1連覇記念増刊号
    栄光の軌跡をプレイバック
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月13日号
    11月22日発売
    2018年シーズン J1全18クラブ
    「補強予測」
    今季の戦いぶりから占う
    ベスト&ワーストシナリオ
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月6日発売
    取材記者が注目17人を斬る!
    2019年移籍マーケットの
    メインキャスト身辺調査
    豪華壁掛けカレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.26
    12月5日発売
    冬の決定版!
    2018選手権名鑑
    男子48代表・1440選手を紹介
    女子も32代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24