「C・ロナウドの元カノ」にして「バロテッリの元カノ」が婦女暴行を疑問視

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2018年10月10日

「いつもジェントルマンだった」と交際当時を語る。

ラッファエラさん(中央)はC・ロナウド(左)と交際後、バロテッリ(右)とも付き合っている。(C)Getty Images

画像を見る

 世間を賑わせているのが、クリスチアーノ・ロナウドの婦女暴行疑惑だ。アメリカ人女性のキャサリン・マヨルガさんによると、2009年にラスベガスで被害に遭い、口止め料を受け取ったという。これを今更ながら告発し、現地当局が捜査を発表する事態に発展している。
 
 C・ロナウド側は一貫して事実無根を主張し、家族や所属先のユベントス、さらには母国ポルトガルの大統領なども擁護に回っているが、ここにきて新たな“援軍”が名乗り挙げた。イタリア人でモデル兼タレントとして活躍しているラッファエラ・フィーコさんが、イタリア『Raiラジオ』の中でこう語ったのだ。
 
「私は11か月間、クリスチアーノと付き合っていたわ。彼がマンチェスター・ユナイテッドにいた時代(2003~09年)にね。今回の報道には唖然としたわ。信じられない。だってクリスチアーノは、いつも冷静でシンプルな人間だから。家では一緒にソファーで映画を見て、食事をして、ベッドをともにしたわ。そのあと彼はいつもトレーニングをしていた。いずれにしても、いつだってジェントルマンだったわ」
 
 いわば元カノが元カレを擁護した格好だが、実はこのラッファエラさん、あの悪童マリオ・バロテッリ(ニース/イタリア代表)の元カノとしても知られている。バロテッリがマンチェスター・Cに所属していた11年1月から12年4月に交際し、当時は「バロテッリはクリスチアーノよりもベッドでのプレイが優れている」などと刺激的なコメントも残していた。破局後に妊娠が発覚し、12年12月には女児ピアちゃんを出産。DNA判定を経て、14年2月にバロテッリが子供を認知している。

【PHOTO】C・ロナウドの現彼女も! サッカー選手の「美女パートナー」たち 

 サッカー界ではひとりの女性が数人の選手と交際する例は決して珍しくないが、C・ロナウドの婦女暴行疑惑を発端に、ラッファエラさんとバロテッリにも再スポットが当たる格好となった。


 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ