【森保ジャパン最新序列】柴崎はボランチの3番手。2列目は中島&堂安が軸だ

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年10月05日

4日のELで負傷した酒井の状態は気がかりだが…

写真:JMPA代表 撮影(滝川敏之)

画像を見る

 日本サッカー協会が4日、パナマ戦(12日)、ウルグアイ戦(16日)に挑む日本代表メンバー23人を発表した。
 
 森保新体制下で2度目の実戦となる今回の10月シリーズは、ロシア・ワールドカップの主力組から長友佑都、吉田麻也、大迫勇也、酒井宏樹、原口元気、柴崎岳の6人が復帰。また、9月のコスタリカ戦で活躍した中島翔哉や堂安律といったヤングスターたちが引き続き招集された。ここでは、今回の連戦に挑む23人を、コスタリカ戦で採用した4-4-2に当てはめ、ポジション別に序列を考察した。
 
【GK】
◎東口順昭/〇権田修一/△シュミット・ダニエル
 
 GKは9月のコスタリカ戦に出場した東口が一番手と見ていいだろう。ただし、東口の立場は絶対ではない。とりわけ、権田はハイパフォーマンスを維持しており、「より多くの選手を試していきたい」という森保監督の言葉を考慮すれば、出番は与えられそうだ。
 
【CB】
◎吉田麻也/〇槙野智章/△三浦弦太/△冨安健洋
 
 実績十分でチームリーダーとしても期待される吉田がCBコンビの軸になるとして、焦点は彼のパートナー選びだ。コスタリカ戦に出場した槙野と三浦が有力候補だが、経験を考慮すると槙野が一歩リードか。
 
 三浦は指揮官が重視するビルドアップ面での能力に秀でており、9月のコスタリカ戦では長短のパスを使い分けて攻撃に関与していた。合宿中にこの辺りをアピールできれば、第2CBの座も視野に入ってくる。冨安は総合力が高く、ポテンシャルを備えた逸材だが、場数という面では他の選手たちに及ばない。まずはA代表の雰囲気に慣れ、訪れるチャンスを待ちたい。
 
【SB】
◎長友佑都/◎酒井宏樹/△佐々木翔/△室屋成

 このポジションも、序列最上位はロシアW杯組だ。長友と酒井はいずれも所属クラブで好パフォーマンスを披露しており、森保監督も絶大な信頼を寄せている。4日のELで負傷した酒井の状態に問題がなければ、このSBコンビがファーストチョイスになるはずだ。彼らの実力はすでに把握できているだけに、メインテーマは中島や堂安といったサイドハーフたちとの連係確認になるだろう。
 
 佐々木と室屋はバックアップという位置付けだが、前者はSBとCB、後者は左右のSBをこなせるユーティリティ性を備えており、選手起用の幅を広げる駒になりうる。チーム力の底上げという意味でも、彼らにかかる期待は大きい。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ