• トップ
  • ニュース一覧
  • 「皆が待っていた!」「カムバックしたミヤイチがとどめを刺した!」 復帰戦で決勝弾の宮市亮に海外メディアが惜しみない賛辞

「皆が待っていた!」「カムバックしたミヤイチがとどめを刺した!」 復帰戦で決勝弾の宮市亮に海外メディアが惜しみない賛辞

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年09月22日

仲間たち、監督も宮市のカムバックを大喜び

試合終了後、信じ続けてくれた監督から熱い抱擁で迎えられた宮市。 (C) Getty Images

画像を見る

 長らく怪我に悩まされていた宮市亮が、約1年4か月ぶりリーグ戦で、衝撃的なカムバックを果たした。

 2015年にザンクトパウリ(ドイツ2部)に移籍するなり左膝前十字靭帯を断裂。一時的に復帰するも、昨シーズン、今度は右膝の前十字靭帯断裂という悪夢に見舞われ、それ以降、トップチームで公式戦に出場することはなかった。

 そんな宮市が、9月21日(現地時間)に行なわれたブンデスリーガ2部の第6節、インゴルシュタット戦で70分に交代で登場し、公式戦に復帰。そしてなんと、82分にヘッドで決勝点となるゴールを決めた。

 勝利を決する一撃を決めた宮市を、チームメイトは手荒く祝福。試合後には、マルクス・カウチンスキ監督は宮市と熱い抱擁をかわし、会見では「リョウが勝者となったことに、素晴らしい喜びを覚えているよ」と、喜びを隠せなかった。

 選手として貴重な期間を怪我で棒に振りながらも、懸命にリハビリを続け、ついに迎えた復帰戦で、自らのゴールでチームを勝利に導く――。ドイツメディアは、この“出来すぎた”ストーリーに感嘆している。

 ドイツのスポーツチャンネル「Sport1」は、「危機的な状況でザンクトパウリが勝利を収めた。知っているか? 宮市はあの場の誰よりも素早かった」と、復帰するなり高いポテンシャルを発揮した宮市を高く評価した。

 また、ドイツの地方紙『Muenstersche Zeitung』は、「誰もが予想もしなかったであろう“ジョーカー”宮市が相手にとどめを刺した! ザンクトパウリがインゴルシュタットを下す、決勝ゴールを決めた。1-0で勝利! なんということだ」と言葉にならない様子だった。

 ニュルンベルクの地元紙『Nordbayern』も、「復帰にはまだ時間がかかるといわれていた宮市が、インゴルシュタットに土をつけた。膝の重いケガに長く悩まされてきた彼が、復帰していきなりチームに勝利をもたらすなんて! しかもこんなに早くに……。誰が想像していたろうか」と、こちらも感嘆している。

 また、スペインの全国紙『VAVEL』も、「誰もが待っていた。彼らしいスタイルとプレーで、宮市が戻ってきたのだ」と、試合を決めた25歳の日本人を称賛した。

 また、宮市の復帰を心待ちにしていたファンも多かったようで、クラブの公式ツイッターには多くの言語で祝福のメッセージが寄せられている。

 このドラマチックな復帰を糧に、宮市はここから輝きを増していけるか。非常に楽しみである。
【関連記事】
宮市亮、1年4か月ぶりの復帰を自ら決勝ゴールで祝福! 苦難を乗り越えての歓喜にザンクトパウリも感激!!
「我々にはハセベが必要なんだ」 フランクフルトの粘り勝ちに貢献した長谷部誠を独地元紙が高評価!
宮市亮が復帰戦で1アシスト!いきなりの活躍に4年後のW杯出場を願う声も!
「最大のチャンスはカガワから生まれた」 CL途中出場の香川真司、海外メディアからはスコアラーに次ぐ高評価!
「カガワのボールを支配する力は健在」 欧州メディアが香川真司を高評価! サポーターからは”待望論”も

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ