【鹿島】“そこにいたんかい!”を極めたい土居聖真にゴール量産の予感

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2018年09月15日

「ポジショニングはやっぱり大事。もっと磨いていきたい」

貪欲にさらなる高みを目指す土居。鋭いターンや緩急をつけたフェイントも持ち味だ。写真:徳原隆元

画像を見る

[J1リーグ26節]鹿島 2-1 湘南/9月14日/カシマ
 
「どんなボールが来ても、合わせようとは思っていました。大伍くんは、別に(土居を)見ていたわけじゃなくて、『適当に上げた』って言っていましたけど(笑)」
 
 試合の均衡を破る得点が生まれたのは、後半が始まってすぐ、49分だった。FKのこぼれ球を拾った西大伍が、右サイドの深い位置からゴール前に柔らかいクロスを入れる。これを、ファーで待ち構えていた土居聖真が頭で押し込んだ。
 
 映像を見返せば、西がボールを足もとに収めた瞬間、土居はすでに動き出している。“初動”は相手DFより速く、シュート体勢に入る。「そこにいれたのが、ゴールにつながった要因だと思います」と、土居自身もそう話す。
 
 ただ、ゴール前のポジショニングで悔やまれるシーンもあった。

「大伍くんがCKをヘディングでそらして、ファーに抜けていったのがありましたけど、あの場面、いつもなら僕、そこにいるはずなんです。でも、その時は狙いがあってGKの近くにいて……。ポジショニングはやっぱり大事だし、もっと磨いていきたい」
 
 チームに勢いをもたらす先制点を決めたが、改めて、ゴール前ではどこでスタンバイしているべきかも考えさせられた。
 
「“そこにいたんかい!”みたいなポジションを取れれば、さらに点を取れるはず。もっと駆け引きをしていきたい」
 
 リーグ戦はもちろん、ACLやルヴァンカップ、天皇杯とタイトルがかかる熾烈な戦いのなかで、神出鬼没にゴールを狙う背番号8の活躍を期待したい。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【鹿島 2-1 湘南 PHOTO】激しい攻防に蹴りを付けたのはエースの鈴木!

【鹿島の新時代を担う安部と町田をクローズアップ】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月23日号
    5月9日発売
    2019年シーズン
    J1&J2序盤戦総括
    全1250選手「通信簿」
    高校サッカー別冊付録も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月16日発売
    WSD恒例企画
    2018-2019シーズン
    「BEST PLAYER」
    マンC優勝記念ポスターも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ