走れば勝てるわけじゃない? セリエAで「走行距離」の上位2チームが降格圏に。首位ユベントスは…

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年09月14日

個人の走行距離トップはインテルのブロゾビッチ。

1試合あたりの平均走行距離でリーグトップとなったボローニャだが、3節を終えていまだ勝利はない状況だ。(C)Getty Images

画像を見る

 サッカーで勝つためには、走らなければいけない。だが、走っても必ず勝てるというわけではない。

 イタリア紙『Gazzetta dello Sport』が9月13日、レガ・カルチョによるセリエAの現時点での平均走行距離を報じた。

 20チームのトップに立ったのは、1試合あたりの出場選手の総走行距離が115キロを超えたボローニャ。キエーボが114.544キロでこれに続いている。ただこの2チームは、この走りを成績につなげられていない。両チームともまだ1勝も挙げられておらず、ボローニャは18位、キエーボは最下位といずれも降格圏に沈んでいる。

 この2チームに続いたのは、闘将ジェンナーロ・ガットゥーゾが率いるミランで、カリアリ、インテル、ラツィオと続く。唯一の3連勝で首位に立つ王者ユベントスは13番目。2位と躍進中のサッスオーロも、走行距離のランキングでは16番目と下から数えたほうが早い。3位のフィオレンティーナも12番手につけている。
 
 20チームの1試合あたりの総走行距離は以下のとおり。

1位:⑱ボローニャ(115.143km)
2位:⑳キエーボ(114.544km)
3位:⑭ミラン(113.797km)
4位:⑫カリアリ(113.171km)
5位:⑦インテル(110.748km)
6位:⑯ラツィオ(110.355km)
7位:⑧エンポリ(109.783km)
8位:⑰パルマ(109.522km)
9位:⑥アタランタ(109.462km)
10位:⑲フロジノーネ(108.817km)
11位:④スパル(108.7km)
12位:③フィオレンティーナ(108.014km)
13位:①ユベントス(107.978km)
14位:⑮ジェノア(107.217km)
15位:⑩トリノ(107.174km)
16位:②サッスオーロ(107.126km)
17位:⑤ナポリ(106.708km)
18位:⑨ローマ(106.192km)
19位:⑩ウディネーゼ(105.687km)
20位:⑬サンプドリア(105.376km)
※チーム名の前にある丸数字は3節終了時点の順位。


 一方、各チームの最多走行距離を個人別に見ると、インテルのマルセロ・ブロゾビッチが平均12.289キロでトップ。ロレンツォ・クリセティグ(フロジノーネ)が12.138キロ、フランク・ケシエ(ミラン)が12.115キロでこれに続いている。

 ちなみに、ユベントスでもっとも走っているのは11.446キロを記録しているブレーズ・マテュイディ。『Gazzetta dello Sport』紙によると、クリスチアーノ・ロナウドは10キロにも達しておらず、チーム内で7番目の数字にとどまっている。

 いずれにしても、走行距離の長さが必ずしも成績につながるわけではないようだ。『Gazzetta dello Sport』紙は、これらのデータとともに、イタリアを代表するレジェンド、ロベルト・バッジョの名言を紹介している。

「いつだってボールを走らせるほうが良い。ボールは汗をかかないから」
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月19日発売
    現役監督が「ビッグ12」の
    戦力を採点&格付け
    「CL完全読本」
    全32チーム選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ