6点差――クロアチアにとっては代表史上初の屈辱…攻撃的なスペインでも強豪相手には初の偉業!

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年09月12日

独立時から強豪国であり続けたゆえに…

世界に驚きを与えた大敗劇。アクシデントに見舞われたのは事実だが、「心・技・体」全ての面でスペインの後塵を拝していた感は否めなかった。

画像を見る

 9月11日(現地時間)に行なわれたUEFAネーションズ・リーグ、リーグA・グループ4でロシア・ワールドカップ準優勝のクロアチアが、スペインに0-6という大差で敗れた。
 
 ダリッチ監督は「最初の20分間は決定機を作ることができ、とても良かった。しかし、ヴルサリコが怪我で交代してから、闘争心も積極性も失われ、我々のシステムは崩壊してしまった。0-6という結果を消化することは簡単ではない」と、衝撃の敗北を振り返っている。(クロアチア紙『24 sata』より)
 
 良いところがほとんどなかったキャプテンのモドリッチも「受け入れるのが難しい結果」と嘆いたこの大敗劇。ほんの2か月前には世界中から称賛を受けたチームにとって、これは“歴史的”なことである。
 
 というのも、クロアチア代表は過去、6点差で敗れたことは一度もなかった。これまでの最多得点差は、敗退を喫した2010年南アフリカ・ワールドカップ予選のイングランド戦で喫した1-5である。ウェンブリーでの一戦、ランパード、ジェラードに2点ずつを許し、エドゥアルドが1点を返すも、ルーニーにダメを押された。
 
 クロアチアといえば、1991年にユーゴスラビアから独立したが、87年にワールドユース(現U-20W杯)を制した主力メンバーをはじめ、多くのタレントを擁していたことで、すぐに他の強豪国とも対等の勝負を演じ、EURO1996でいきなり8強入り、さらに2年後のフランスW杯では初出場にして3位入賞、ストライカーのシュケルは大会得点王にも輝いた。
 
 浮き沈みはありながらも、常に陣容・組織力ともに一定水準以上のものを保ってきたことで、どの時代にも大差では負けにくいチームだったクロアチア。また戦前、ナチス・ドイツの支援を受けて独立国として存在していた時期も、代表チームはある程度の強さを発揮した。
 
 同国にとって初の大会、しかも2年前のアメリカW杯で決勝に進出したイタリアを抑えて予選を首位通過したEURO1996のグループリーグ最終戦でポルトガルに3発完封負けを喫したのが、メジャーイベントでの最多得点差敗である。もっとも、この時はすでにトルコ、デンマーク(前回王者)を下して突破を決めた後の一戦で、メンバーを落としていたという背景があった。
 
 旧ユーゴ系の選手やチームについては、かつて「ノッている時は爆発的な力を発揮するが、気持ちが切れると全てがぶち壊しになる」といわれたものだが、そういった気質も薄まり、むしろ堅実な印象を与えていたW杯ファイアナリストの“崩れっぷり”は、世界に大きな驚きを与えた。果たして、彼らはどのようにチームを立て直してくるだろうか。
 
 なお、クロアチアが過去に3点差以上の敗北を喫した試合は、以下の通り。
 
◇2010南アフリカW杯予選
2009年9月9日 1-5イングランド(A)
2008年9月10日 1-4イングランド(H)
◇EURO1996グループリーグ
1996年6月19日 0-3ポルトガル(N)
◇UEFAネーションズ・リーグ
2018年9月11日 0-6スペイン(A)
◇親善試合
2008年2月6日 0-3オランダ(H)
1999年11月12日 0-3フランス(A)
1994年4月19日 1-4スロバキア(A)
1942年4月5日 0-4イタリア(A)
1942年11月1日 1-5ドイツ(A)
1941年6月15日 1-5ドイツ(A)
※H=ホームゲーム、A=アウェーゲーム、N=中立地
【関連記事】
【セルジオ越後】堂安があれだけやるなら本田のOAはいらないし、乾には中島という強力なライバルが現われたね
イニエスタ、新幹線移動に感動!? グリーン車の隣席で笑顔を見せている僚友は…
衝撃の6-0! スペインが“世界2位”クロアチアを圧倒して連勝を飾る【ネーションズ・リーグ】
【釜本邦茂】期待感に満ち溢れたスタートだ。とりわけ伊東の3点目が素晴らしかったよ
スペイン代表、16年ぶりにマドリーの6選手がスタメンに名を連ねる! 一方のバルサは…
「空高く飛び立った!」「圧巻の出来」海外メディアが森保ジャパンの初陣を絶賛!
本日開幕の新大会UEFAネーションズ・リーグを改めて分かりやすく解説! ルール・日程は? なぜ創設された?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月16日発売
    鹿島アントラーズ
    悲願のACL制覇
    「20冠達成記念号」
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月15日発売
    川崎フロンターレ
    J1連覇記念増刊号
    栄光の軌跡をプレイバック
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月22日号
    11月8日発売
    2019年 Jリーグ
    移籍市場を賑わす
    目玉タレント
    湘南ベルマーレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月15日発売
    現地記者が緊急提言!!
    マドリー&マンUの
    「V字回復プラン」
    ヴェンゲル直撃インタビューも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24