“指揮官”デビューの本田圭佑は初陣でいかに振る舞い、敗戦にどんな印象を抱いたのか?

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年09月11日

「トップ・オブ・ザ・トップを追求しなければいけない」

本田がカンボジア代表の実質的な監督として“指揮官デビュー”を果たした。今後、チームをどう導いていくのか楽しみだ。

画像を見る

 元日本代表MFの本田圭佑は10日、ゼネラルマネジャー(GM)として実質的な監督を務めるカンボジア代表の初陣に臨み、1-3で逆転負けを喫し、自身の船出を白星で飾ることはできなかった。

 
「結果が出なかったのは僕の責任。確実に敗因には理由がある。今晩はそれを考えることに時間を割くと思う」と本田は試合を振り返った。
 
 試合開始3時間前から降り始めた豪雨で、30分の遅延となったマレーシア戦。選手ではなく、采配を振るう指揮官としてピッチサイドに立った本田は、黒のシャツに同色のズボン、両手にトレードマークの腕時計をつけて、腕組みやポケットに手を入れるなどし、冷静に戦況を見守った。
 
 システムは攻撃的な4-3-3の型を採用し、攻撃ではショートパスを多用して敵陣に攻め込み、守備ではハイプレスを仕掛けてボールを奪っては再び速攻で好機をつくった。
 
 18分、右FKの折り返しをセウイ・ウィサルが左足で豪快に蹴り込み先制点を奪う。過去47年間勝ち星のないマレーシア相手に幸先よく先手を取り、選手たちは喜びを爆発させたが、そこは百戦錬磨の本田。ピッチ上でも見せていた不動の心を指揮官としても示し、選手たちに「落ち着け」と呼びかけた。
 
 冷静さを取り戻したチームは、前半は畳みかけるように攻勢に出たが、血気盛んにいき過ぎてしまい体力を消耗。後半は動きが悪くなり、流れが急転した。62分に同点ゴールを許すと、本田は直後に2枚の交代カードを切り、10分後にも2選手を同時にピッチへと投入。速さのある選手など計6人の交代策を使い、最後まで攻めの姿勢は貫いたが、悪くなった流れは変えられない。試合は一気に相手ペースとなり、1-3で逆転負けした。
 
 試合が終了し、初仕事を終えた本田。ピッチの一点を見つめた直後に水を一飲みし、スタンドからの「ホンダ~」というコールに両手を挙げて応えた。
 
「残念ながら負けてしまったが最初の30分は素晴らしかった。スタミナの問題はあるが、誰だって90分完璧に走れる選手はいない。いかによくプレーできるかが大事なんだ。選手たちは僕の哲学についてきてくれている」
 
 手応えと課題を口にした“本田監督”。メルボルン・Vでプレーする一選手が、一代表チームの監督を兼任するという異例の挑戦。これからの道でも困難が予想されるが「トップ・オブ・ザ・トップを追求しなければいけない。今日の敗戦を忘れることはない」とその視線はカンボジア代表の明るい未来だけを見据えている。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月19日発売
    現役監督が「ビッグ12」の
    戦力を採点&格付け
    「CL完全読本」
    全32チーム選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ