CSKAモスクワで練習初参加の西村拓真、意気込みとロシアでの新生活を語る! 背番号は「19」に決定

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年09月08日

「ロシア料理を毎日食べています」と笑顔

今シーズンのJリーグでは、日本人選手のトップスコアラーだった西村。CSKAでもゴールが期待されている。 写真は公式ツイッターより

画像を見る

 ベガルタ仙台から、ロシアのCSKAモスクワに電撃移籍した西村拓真。日本を発って、早1週間。ようやく現地で初めて練習に参加したようだ。クラブの公式サイトでは、動画とインタビューが公開されている。

 移籍決定時は、衝撃的な歓迎ムービーを公開してファンを驚かせたCSKAモスクワだが、今回は至って落ち着いている。

 インタビューは練習後に行なわれたようで、「ここに来て、どんな気分ですか?」と問われると、西村が英語で「とても幸せだし、とても興奮しています」と答える一幕もあったが、他の質問には日本語で対応している。

「ロシアに来ることは非常に難しい決断だったのでは?」という問いに、「僕にとっては、そんなに難しくなかったですし、CSKAモスクワに参加できることは、僕自身のキャリアで重要なステップ。上のレベルでやれることがすごく、楽しみで仕方なかった」と回答した。
 
 クラブの印象や意気込みについては、下記のように語っている。

「僕は前線の選手なので、ゴールに絡むプレーを早く“チェスカ”のサポーターに見せたいと思います。ここに到着してから、みんな親切に、温かく迎えてくれました。少しモスクワ市内の観光もして、オフィスにも寄って、スタジアムにも行きました。すでにもう、ここが気に入っています。

 CSKAモスクワはロシアでタイトルを獲らなければいけないクラブであることと、チャンピオンズ・リーグ(CL)をしっかり戦うことが使命だと思うので、貢献したいです。(目標ゴール数は)具体的な数字は決めていないですけど、チームがタイトルが獲れるように貢献したい」

 ほかにも、日本との練習の違いを尋ねられると、「日本よりもスピーディーな感じ。でもすぐ慣れると思います」と分析。また、背番号は「19」に決定したようだ。西村自身が選んだようで、理由は「なんとなく好きだったので」とのことだ。

 CSKAモスクワの”先輩”、本田圭佑については「(本田がこのクラブで成功したことは)もちろん知っています。いくつもゴールを決めた、重要な選手だと思います」と、敬意を表わした。

 言語や生活環境の変化には、戸惑いつつも適応し始めているようで、「ロシア語はすごく難しいので分からないですけど、皆さん親切です。ロシアの食べ物、特にボルシチがすごくおいしい。ロシア料理を毎日食べています」と、前向きな様子をみせた。

 西村のインタビューに対し、現地サポーターからは「タクマようこそ! 頑張れよ」「いらっしゃいサムライ」といった歓迎のコメントが寄せられている。

 ロシアで新生活の第一歩を踏み出した西村。今後はリーグ戦、そして世界の強豪クラブとの対戦が続くCLが待ち受けている。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月5日発売
    己の価値を証明せよ!!
    2019-2020シーズン版
    必見タレントFILE
    夏の大物移籍の舞台裏も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ