チリ戦中止の森保ジャパンが紅白戦で4-4-2をテスト! 気になる顔ぶれと得点者は?

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2018年09月07日

ボランチ・遠藤のパフォーマンスが光る

1本目の布陣。左がビブスなし組で右がビブス組。両チームともに2トップは縦関係になることが多かった。

画像を見る

 チリ戦が地震の影響で中止となった日本代表は、試合が行なわれるはずだった9月7日に札幌市内でトレーニングを実施。紅白戦を行なった。
 
 1本目は35分で、4-4-2のシステムをテスト。ビブスなし組では青山敏弘と遠藤航がボランチを組み、ゲームをコントロールした。特に遠藤は攻守でボールに絡み、チームを牽引。
 
 このふたりに引っ張られる形でビブスなし組がチャンスを作った。7分には青山のパスを受けた堂安律が右からグラウンダーのクロス。南野拓実が右足で合わせたが、シュートは惜しくも右ポストに阻まれた。
 
 さらに16分にはゴール正面で小林悠と車屋紳太郎がパスをつなぎ、最後は遠藤がミドルシュートを狙った。
 
 ただ、その後はビブス組も反撃。17分には杉本健勇のパスを受けた浅野拓磨がGK東口順昭を強襲するシュートを放ち、22分には11対11のフルコートマッチとしては森保ジャパン初ゴールが生まれた。
 
 ビブス組のボランチに入った天野純のスルーパスから佐々木翔が左サイドを抜け出すと、そのグラウンダーのクロスに「狙っていた」と話す伊東純也が左足で合わせてネットを揺らした。

【日本代表PHOTO】チリ戦は中止となるも紅白戦を実施! 最後にはファンと記念撮影!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ