イニエスタが愛娘と自宅で“日本語教室”。どんな言葉を学んでいるかというと…

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年08月31日

イニエスタが日本語の勉強している1コマが

天皇杯も含め、連戦が続くイニエスタ。アウェーの札幌戦でも観客を魅せてくれるだろうか。 写真:徳原隆元

画像を見る

 来日して早2か月。バルセロナのレジェンド、そして現在はヴィッセル神戸でプレーするアンドレス・イニエスタは、日本語の勉強を熱心に行なっているようだ。

 イニエスタのインスタグラムに投稿されたその画像は、「Japanese Class(日本語教室)」と銘打たれており、隣には愛娘の姿が映し出されている。どうやら長女のバレリアさん(7歳)も勉強会に参加しているらしい。

 仲睦まじい親子ふたりは、立てかけられたホワイトボードの前に並び、イニエスタは黒、7歳の長女は赤い油性ペンを握っている。

 おそらくふたりが取り組んでいるのは、日本語とスペイン語を併記して覚えていく勉強法のようで、ローマ字で「Konbanwa(コンバンワ)」と記された下には、スペイン語での夜の挨拶「buenas noches」と記されている。

 そしてほかにも、「OHAYO(オハヨー)」「ARIGATO(アリガトウ)」といった挨拶に使う日本語や、数字の読み方などが、ローマ字で書き込まれている様子が分かる。

 来日直後は、「暑い」という言葉を覚えたと取材で答えていたイニエスタだが、最近はインスタグラムに「OYASUMI(おやすみ)」や「OHAYO(オハヨー)」といった日本語をまじえて投稿するなど、積極的に活用している。挨拶の言葉以外にも、様々な言葉を覚え、チームメイトやスタッフとコミュニケーションを図っているようだ。

 食事も和食に積極的にトライするなど、日本の文化に深いリスペクトを示しているイニエスタ。彼のこうした真摯な姿が、周囲の人たちやサポーターの心を打つのだろう。
【関連記事】
末恐ろしい大器の予感が…イニエスタの実息パオロ君のキックフォームが美しすぎる!
イニエスタとポドルスキがいながら…神戸が抱える“由々しき問題”
森保ジャパン、初陣メンバーを発表!! 堂安律、伊藤達哉らが初選出、W杯組では山口蛍、槙野智章ら
リオ&東京五輪世代が半数以上、森保一監督が初陣メンバーに込めた想いとは?
CL組み合わせ決定! ドルトムント、ガラタサライともに勝ち抜けの可能性は十分あり! 激戦区はB、Cか!?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ