最下位からの巻き返しは十分に可能だ!長崎が浮上するための3つのポイント

カテゴリ:Jリーグ

藤原裕久

2018年08月23日

最大のポイントは「トレーニング」

中断明けのリーグ8試合では、わずか4得点。鈴木(11番)ら攻撃陣が振るわない。写真:徳原隆元

画像を見る

 クラブ初のJ1で、一時は周囲の予想を超えるリーグ4連勝(7節の清水戦~10節の磐田戦)も達成したV・ファーレン長崎だが、8月に入って苦戦が続きリーグ残り11試合でついに最下位へと転落した。
 
 得点力の低下、走力の停滞、守備での寄せの甘さ、ミスなど、苦戦の理由はいくつかあるが、それらの原因は大きく「トレーニング」「戦力の融合」「自信」という3つに集約される。つまり逆に言えば、このポイントを克服できれば、J1残留はまだ十分に可能なはずだ。
 
 まず最大のポイントは「トレーニング」に関する点だ。長崎というのは「徹底的なスカウティングから導き出した勝ちパターンを、トレーニングで落とし込んで戦うチーム」。だが中3日あるいは4日の公式戦が続く過密スケジュールの下では、それを十分に行なうことは難しい。特に酷暑が続いた7月以降は、疲労回復を最優先し、コンディショニング、ミーティング、セットプレーの確認に取り組むだけで翌節を迎えることも多かった。
 
 もちろんミーティングで映像を多用するなど、それなりの対応をしていた。それでも戦力的にJ1で最も乏しい長崎にとって、質の高いトレーニングができないまま、連戦を戦うことは無理があったと言って良いだろう。

 同時に大きな痛手となったのが、「戦力の融合」が満足にできなかったことだ。リーグ中断期間に、チーム得点王のMF中村慶太、中盤で攻撃のアクセントになっていたMF中原彰吾が故障。スペイン人FWファンマも万全とは言えない状態で、90分出場できるようになったのは20節の浦和戦だった。
 
 さらに、7月に補強したFWハイロ・モリージャスが加入直後に負傷し、エースのMF黒木聖仁も8月にコンディションを崩してしまった。その結果、夏に加入したばかりのMF磯村亮太とMF大本祐槻を、トレーニングをほとんどしていない状態で公式戦に起用せざるを得ず、チームの意思統一や新戦力の融合を図れないまま戦う羽目に陥ったのだ。
【関連記事】
【セルジオ越後】現役の本田が代表を指揮? どれも中途半端に終わらなければいいけどね
日本サッカーを彩る「美女サポーター」たち❤
【セルジオ越後】豪州移籍の本田には広告塔としてではなく、選手としての価値を証明してもらいたい
貢献度はイニエスタやF・トーレス以上!長崎の新助っ人、ヨルディ・バイス獲得の舞台裏とその実力に迫る
【セルジオ越後】森保監督に求められるのはリーダーとしての自覚。周囲との衝突を恐れるべきじゃないよ

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ