「メッシはもう代表では…」アルゼンチン代表の暫定監督が“招集外”について注目発言

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年08月22日

大刷新を図るべく、ビッグネームたちが軒並み落選

はたしてメッシはふたたび“水&白”の10番シャツに袖を通すのか。世界中がその決断に注目している。(C)Getty Images

画像を見る

 ロシア・ワールドカップのラウンド・オブ16でフランスに苦杯を舐め、早期敗退を余儀なくされたアルゼンチン代表。大会後にAFA(アルゼンチン・サッカー協会)は2億円近い違約金を支払ってホルヘ・サンパオリ監督の更迭を決め、当面は前政権下でアシスタントコーチを務めていたリオネル・スカローニが暫定的に指揮を執ることとなった。U-20代表監督との兼務となる。
 
 新生代表チームの船出となるのが、9月7日に米ロサンゼルスで行なわれるグアテマラとの親善試合だ。8月17日にはAFAによって招集メンバー35名が発表されたが、やはりそこに大エースの名はなかった。このままで代表引退するのではないかと囁かれる、リネオル・メッシである。
 
 そして火曜日、スカローニ暫定監督が母国メディアの取材に応えた。メッシと会話した事実を明らかにしつつ、今回の選考理由などについて語ったのだ。
 
「レオ(メッシの愛称)とは直接話をしたよ。とりあえず今回は招集しないことになったのだが、正直、将来なにが起こるのかについてはいっさい話していない。彼がいれば代表チームにどれだけのもたらすかは誰にでも分かる。でもいまは、状況を見守るしかないんだ。レオとは良好な関係を築けているし、必要とあればいつでも対話ができる環境にもある。ただ、彼を呼ばないのは今回だけかもしれないし、あるいはもう代表チームでプレーしないかもしれない。待つしかないんだ」

 
 メッシとともに長きに渡って代表チームを支えてきた名手たちも軒並み落選した。セルヒオ・アグエロ、アンヘル・ディ・マリア、ニコラス・オタメンディ、ゴンサロ・イグアインといった重鎮たちだ。暫定監督は彼らとも話をしたという。だが、アプローチはメッシのそれとは異なる。
 
「はっきりさしておきたいのは、彼らベテラン選手たちのうち誰ひとりとして、招集を拒んだ者はいないということ。引退を表明してもいないよ。ただ私は純粋に、今回の新たなチームが近未来に向けてどんなスタートを切るのがベストかを考えた。そのなかで今回は彼らを呼ばなかったということだ。いまの代表チームにもっとも求められているのは刷新だからだ」
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    12月15日発売
    2018年シーズンを総括!
    Jリーグ総集編
    全57クラブの激闘収録
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月16日発売
    鹿島アントラーズ
    悲願のACL制覇
    「20冠達成記念号」
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月24日号
    1月10日発売
    J1・J2全40クラブの
    最新陣容チェック&
    移籍相関図
    南野と長友の特製ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月4日発売
    欧州100クラブの
    「エース図鑑」
    最も頼れる男はだれだ!?
    2019年“大展望”も必見
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.26
    12月5日発売
    冬の決定版!
    2018選手権名鑑
    男子48代表・1440選手を紹介
    女子も32代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ