【W杯キープレーヤー解体新書】ヴェスレイ・スナイデル|2ライン間で発揮する絶品の創造性

カテゴリ:国際大会

ロベルト・ロッシ

2014年07月09日

ラスト30メートルで決定的なプレーを連発。

ベスト8進出を懸けたメキシコ戦では終了間際に値千金の同点弾を叩き込み、逆転勝利を導いた。 (C) Getty Images

画像を見る

 2012年1月にインテルからガラタサライに移籍して以降、クラブシーンでの存在感は薄くなった。それでもスナイデルは、オランダ代表で変わらず重要な存在であり続けている。
 
 コンディションさえ良ければ、ラスト30メートルで決定的なプレーを連発する。ポゼッションから仕掛けに移行する起点となる質の高いクサビのパスやサイドチェンジ、ゴールに直結するスルーパス、さらには高い確率で枠を捉えるFKを含めた高精度のシュートと、10番に相応しいクオリティーを備えている。
 
 トップ下でのプレーを好み、敵MFの背後に入り込んで攻撃を活性化するのが真骨頂だ。ボールプレーヤーゆえ、オフ・ザ・ボールでのダイナミズムには欠けるものの、2ライン(DFとMF)間で前を向いた際の創造性、アクションを起こすタイミングの感覚は絶品だ。
 
 欠点は、自分のプレーに酔い、あえて難易度の高い選択肢を選んで失敗する嫌いがある点。チームにより大きな利益をもたらすためにも、効率性を重視したシンプルなプレーを心掛けるべきだろう。
 
 例えば、1本の決定的なパスに固執せず、簡単にサイドに展開してウイングを走らせる、あるいはCFに当ててワンツーでゴール前に飛び込むといったプレーを増やせば、攻撃のリズムはよりスムーズになる。
 
分析:ロベルト・ロッシ
構成:片野道郎
 
※『ワールドサッカーダイジェスト 出場32か国戦術&キープレーヤー完全ガイド』p27より抜粋。
【関連記事】
【W杯 準決勝プレビュー】オランダ対アルゼンチン|メッシ対策を含めたファン・ハールの知略が「違い」を作るか
【W杯キープレーヤー解体新書】アリエン・ロッベン|単独で試合を決められる世界最強のウイング
【W杯キープレーヤー解体新書】ロビン・ファン・ペルシ|世界でもっとも完成度の高いCFのひとり
【W杯で発掘!ニュースター ブラジルで見つけた光る原石】メンフィス・デパイ|オランダ代表
オランダ代表 ファン・ハール監督が語る――W杯について、ユナイテッドについて

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月2日発売
    恒例企画
    2021-2022シーズンの
    BEST PLAYER
    世界の識者たちが徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ