市船同期との競争には後れを取るも…宮本チルドレン・高宇洋はガンバの救世主となれるか?

カテゴリ:Jリーグ

竹中玲央奈

2018年08月11日

両チーム最多の走行距離で勝利に貢献

宮本監督の就任以降、スタメン起用が続くG大阪の高。FC東京戦ではアデミウソンの決勝点をお膳立てした。写真:徳原隆元

画像を見る

[J1リーグ21節]G大阪2-1FC東京/8月11日/吹田S
 
 ほぼラストプレーで生まれたアデミウソンの左足一閃により、ガンバ大阪は9戦ぶりの白星を手にした。この試合は今年から始まった“フライデーナイトJリーグ”での最多動員を記録。特別な一戦での劇的な勝利は、サポーターの脳裏に刻まれることだろう。そして、宮本恒靖監督の初勝利という意味でも歴史的な試合となった。
 
 その中で、“立役者”とまでは言わないものの、際立った存在感を示した選手がいた。高卒2年目のボランチ、高宇洋だ。
 
 彼はアジア大会の代表にも選ばれた湘南の杉岡大暉や、昨季新潟初の高卒スタメンを勝ち取った原輝綺らとともに市立船橋高校でプレーをしており、この代では10番を背負っていた選手でもある。
 
 昨年G大阪へ入団してからはトップに絡めずセカンドチームであるU-23でJ3を戦う日々が続いていた。しかし、先月そのチームで指揮をとっていた宮本恒靖監督がトップ監督に就任すると同時に “引き上げられ“、宮本ガンバ初陣の鹿島戦でデビューし、このFC東京戦まで4試合連続でフル出場。決勝点の場面では長い距離を走ってゴール前に顔を出し、寄せてくる2人の相手選手の隙間を通してアデミウソンに絶妙なパスを配給した。
 
 ただ、このアシストの場面でだけでなく1試合を通じて、攻守によく顔を出していたのが強く印象に残った。件の決勝点のシーンも、守備で体力を消耗するなか、驚異的な走力を発揮してゴールに絡んでみせた。
 
 ボランチの位置からディフェンスラインに下がってビルドアップでリズムを作り、守備ではギャップに入り込む相手アタッカーに素早くアプローチをして潰しにかかる。特に後半、押し込まれて苦しいなか、抜群のキープ力を誇るディエゴ・オリヴェイラに食らいついて攻撃を遅らせた場面は地味ではあったが、チームを救った場面だったと言えるだろう。
 
「マジで強かったですけど(笑)、食らいついたシーンはふっ飛ばされないようにと意識して。ブラジル人ですし、ちょっとこねるかなと考えていたので。何回も、何回もついて行ってカウンターも遅らせられたと思う。あとはギャップに何回か入れられるシーンもあったんですけど、締める部分とプレスバックもしっかりできていたのかなと思います」
 
「絶対的な自信を持っています」と本人が語る守備面でのハードワークはたしかに光っていたし、試合後の走行距離を見てみると、両チーム通じてトップの11.314kmを記録していた。守備の強度を求める“宮本ガンバ”において、今の彼は外せない存在と言えるだろう。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ