松波新GM誕生! ふたりの“ミスター”が舵を取る新生ガンバ、その期待と不安

カテゴリ:Jリーグ

飯間 健

2018年08月09日

「心のないヤツをサポートするほどの余裕は今のガンバ大阪にはない」

新たに強化部長に就任した松波氏。クラブをJ1残留に導けるか。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 またしても緊急登板だった。ガンバ大阪は8日、成績不振の責任を取って梶居勝志強化部長の辞任を発表。そして後任に“ミスターガンバ”松波正信氏(アカデミーダイレクター)の新任が決まった。
 
「ありがたいこと。期待してくれてポストを用意してくれるのは、この上ない感謝」
 
 12年には3月末にセホーン監督の後を受け、トップチームの監督に就任。当時も開幕から公式戦5連敗していた火事場の中での登用だった。今回は現場ではなくフロントの立場だが、愛するクラブの危機に立ち上がった。
 
 現役時代から強化部は「査定をする人」「契約交渉の時に話す人」というイメージしかなく、「そんなに知識もないし、(日々)どんなことをやっているかも知らない」という。「やれることは少ない」。松波新強化部長も自覚しており、8月17日に締め切られる夏の移籍市場にはほぼノータッチ。ただ、このタイミングで“ミスターガンバ”がフロントのトップに立ったのは、無形の効果があるだろう。
 
「熱い人だなと思いました」と目を輝かせたのは若手成長株のDF初瀬亮。松波新強化部長は選手との挨拶で「心のないヤツをサポートするほどの余裕は今のガンバ大阪にはない。情熱を持ってやろう」と話したという。現チームで松波氏とプレー経験があるのは、今年38歳を迎えた元日本代表MFの遠藤保仁のみ。だが16年間の現役生活すべてを青と黒のユニホームで過ごしたレジェンドの名前を知らない選手はいない。その言葉には、シンプルな一言でも重みがある。
 
 例えば「強いチームとは?」という問いに対しての答えは「一致かな」だった。
「選手の一致、スタッフの一致ですね。ガンバのスタイルであったり。すべてにおいて一致したのが2005年だと思う。チームはいつも動いている。1週間、1か月単位、1年単位。常に一致させるようにしたい。それは現場だけではなく、フロント含めての一致があれば。それがハッキリすれば、向くところは一緒」
 
 G大阪がお荷物クラブと揶揄された時代から05年のリーグ初優勝まで経験。強くなった過程を知っているし、宮本恒靖監督とは違った立場から選手にアプローチしていくことができる。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ