ミラン クロアチア代表ヴルサリコを獲得。前線の補強はコロンビア代表J・マルティネスが浮上

カテゴリ:メガクラブ

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2014年07月08日

バロテッリの後釜候補としてマンジュキッチの名前も。

両足が使えて、左右を問わずに機能するヴルサリコは、22歳で伸びしろも十分。ミランにとって貴重な戦力となるはずだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 ケビン=プリンス・ボアテング、ステファン・エル・シャーラウィなど過去に何度も重要なオペレーションを成立させてきたミランとジェノアの間で、新たなディールがまとまった。クロアチア代表のシメ・ヴルサリコとアレッサンドロ・マトリの交換だ。
 
 ミランは、フィリッポ・インザーギ新監督の構想から外れたマトリ(昨シーズン後半はフィオレンティーナにレンタル)を、広州恒大への移籍が決まったアルベルト・ジラルディーノの後釜としてジェノアに提供(レンタル)、ジェノアからワールドカップで活躍したSBのヴルサリコを獲得した。
 
 ヴルサリコの移籍形態はまだ確定しておらず、年俸の負担割合についても議論の余地が残されているが、移籍の基本線について合意が成立した。

日本戦での2ゴールが記憶に新しいJ・マルティネス。バロテッリ放出の際の後任候補としてマンジュキッチとともに名前が上がる。 (C) Getty Images

画像を見る

 一方、ミランのメルカート(移籍マーケット)における最大の注目ポイントは前線だ。マリオ・バロテッリの去就、インザーギが導入を目論む4-3-3に不可欠なウイングの獲得などテーマは複数に渡る。
 
 CFに関しては、バロテッリを放出する場合、後釜候補としてクロアチア代表のマリオ・マンジュキッチ(バイエルン)、コロンビア代表のジャクソン・マルティネス(ポルト)などの名前が噂に上っている。
 
 ウイングは、すでに獲得に動き出しているファン・マヌエル・イトゥルベ(ヴェローナ)に加え、マテュー・ヴァルビュエナ(マルセイユ)、アントワン・グリーズマン(R・ソシエダ)のフランス代表コンビ、さらにはアレッシオ・チェルチ(トリノ)の名前も取り沙汰されている。
 
文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野道郎

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ