日本代表、大迫勇也がいきなり存在感! 緊急出場のデビュー戦で異彩を放つ!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年07月31日

右サイドでスタートし、ゲーム終盤は1.5列目も

ほぼぶっつけ本番のテストマッチながら、随所で見せ場を作った大迫。指揮官の期待通りのパフォーマンスを披露した。(C)Getty Images

画像を見る

 現地日曜日、新天地であるヴェルダー・ブレーメンに初合流した大迫勇也が、なんと翌日に急きょ実戦デビューを飾った。
 
 月曜日に行なわれたオランダ1部、VVVフェンロとの練習試合だ。かつて本田圭佑や吉田麻也が所属したチームが相手で、地元紙『Weser』は「さすがにオオサコの出場はないか。あっても最後の数分だろう」と見込んでいた。実際にスタメンを外れ、ベンチスタート。じっくりとチームメイトの出来をチェックしていた。

 
 アクシデントが起きたのは25分過ぎだった。ダフィー・クラーセンのパスを受けたマルティン・ハルニクが敵DFを3人抜いてブレーメンに先制点をもたらす。新加入コンビによる鮮やかなゴールシーンだったが、ここでハルニクが左のハムストリングを傷めてしまう。フロリアン・コーフェルト監督に呼ばれたのは大迫だった。大急ぎでウォーミングアップを始め、28分にピッチに投入されたのである。
 
 配備されたのは4-3-3システムの右ウイング。驚かされるのはその順応性だ。ベンチで観ながらイメージを掴めていたのか、クラーセンや左SBマルコ・フリーデルのパスに鋭く反応して裏へ抜け出すなど、さっそく立て続けに見せ場に絡む。44分にはパワフルなボール奪取からショートカウンターを引き出した。チームは50分にCKから同点とされるも、大迫はその後もピッチを所狭しと駆け回り、コンディションの良さを窺わせたのだ。

 
 71分にブレーメンは攻撃陣の3枚替えを敢行。39歳の出戻りFWクラウディオ・ピサーロらが投入されるなか、大迫は1.5列目あるいはトップ下に近い位置取りでプレーし、クラーセンが去った中盤でパスワークを促進した。コーフェルト監督は前日、「オオサコは単なる古典的なストライカーではない。スピードがあり、なにより圧倒的な技術がある。さまざまな局面でチームに特大の効果をもたらしてくれると信じている」と称えていたが、その言葉通り、早々に“オプション”でもテスト起用された格好だ。
 
 スクランブル出場となったテストマッチで62分間プレーし、大いに存在を示した大迫。幸先の良い滑り出しと言っていいだろう。
 
 今季のブンデスリーガは8月25日に開幕し、ブレーメンはハノーファー96と対戦する。大迫はいきなり原口元気、浅野拓磨の日本代表コンビと雌雄を決するのだ。
 
【関連記事】
「日本は教本を破り捨てた!」米メディアが“アジアの常識”を覆した西野ジャパンを大絶賛!
「日本は完全にヤバいチームだった!」英紙記者が“ベルギー戦”を大会ベストゲームに選出!
「マジでカワイイ!」韓国女子代表のビーナス、イ・ミナが最新自撮り写真を公開!
「そんなん出来ひんやん普通!」吉田麻也がバカンス先で日本代表エースと合流!
「後ろ向きのボール、完璧にトラップするもん!」イニエスタの“半端ない”トラップに絶賛の嵐!!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ