大久保嘉人は磐田の起爆剤になれるのか?移籍後初先発のG大阪戦で示した可能性

カテゴリ:Jリーグ

松尾祐希(サッカーダイジェストWEB)

2018年08月02日

稀代の点取り屋が示したのはゴールへの欲!

加入後3試合目で初スタメンとなった大久保。コンディションは上向きでチームメイトとの連係も深まってきている。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ19節]磐田1-1G大阪/8月1日/ヤマハ

 磐田は8月1日に行なわれたJ1リーグ19節のG大阪戦で、またしても決定力不足に泣いた。結果は1-1。勝点1を得るに止まり、4試合連続ドローで6戦未勝利となった。
 
 思うように結果が付いてきていない現状に名波浩監督も「少し手間をかけ過ぎて、最終的にチャレンジしなければいけないところを後ろに下げてしまった」と嘆き、リーグワースト4位の19得点しか奪えていない攻撃陣にさらなる奮起を促した。
 
 G大阪戦も含め、磐田が直近3試合で奪ったゴールは僅かに1。相手陣内に攻め込みながらも、最後の精度を欠いて勝点3を逃してきた。ただ、チャンスがないわけではない。川又堅碁を起点に得点の匂いは漂わせており、あとはいかにフィニッシュに持ち込むかが課題だった。
 迎えた今節、磐田はゴール欠乏症を解消すべく、ひとりの男をピッチに送り込んだ。今夏に川崎から加わった大久保嘉人である。
 
 今節が移籍後初先発となった点取り屋は、序盤から積極的にゴールを狙っていく。前半だけで3本のシュートを撃ち込み、32分には宮崎智彦の左クロスから巧みな駆け引きからあわやゴールというヘッドを放った。
 
 後半は運動量が落ちた影響もあってシュートは0本。81分にベンチへ退く形となったが、誰よりも貪欲にゴールを狙っていた。

 試合後、大久保は「手応えとしては半分ぐらい」と自身の出来を冷静に分析し、「常にゴールは狙っています。そのためには前に集めないといけませんし、ペナルティエリアのなかでチャンスを作らないといけない」という言葉で攻撃の課題を口にした。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ