F・トーレス、金崎、豊田…“超高級”な攻撃陣をフィッカデンティ監督はどう料理するのか

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェストWeb)

2018年07月29日

得点数は名古屋と並びリーグ最少の15得点

豪華な攻撃陣をいかに活かすか。フィッカデンティ監督の手腕が問われる。写真:徳原隆元

画像を見る

[J1リーグ18節]鳥栖0-0磐田/7月28日/ベストアメニティスタジアム

 鳥栖のマッシモ・フィッカデンティ監督は、スコアレスドローで終わった18節の磐田戦後の会見を、次のように言って締め括った。

「この順位にいるのは、まずおかしいことですし、受け入れられないと思っています。口の中に苦みを残してしまうような試合でした。改めてもう一度、この順位は選手を含め鳥栖に関わる皆さんにとって受け入れてはいけない順位だと思っています。そして、選手、チーム全員でこの状況から抜け出さないといけない。そして、この状況を全員でひっくり返さないといけないと、気持ちを新たにしています」
 
 リーグ18試合を終えた時点で、鳥栖は18チーム中17位と降格圏に沈んでいる。フィッカデンティ監督の言うとおり、この状況をひっくり返すことはできるのだろうか。
 
 間違いなくひとつの鍵となるのは、この指揮官の手腕だ。
 
 今夏、アトレティコ・マドリーから元スペイン代表FWのフェルナンド・トーレス、鹿島で昨季まで2年連続ふた桁得点を挙げた金崎夢生を完全移籍で獲得。さらに、韓国の蔚山現代から、鳥栖の最多得点記録(14得点)を持つ豊田陽平を呼び戻した。
 

スペインのA・マドリーから加入したF・トーレス(9番)。このワールドクラスのストライカーが浮上の切り札になるか。写真:徳原隆元

画像を見る

 全治6か月の大怪我を負ったビクトル・イバルボ、脛を再手術したチョ・ドンゴン、顎を骨折した池田圭ら離脱者が続出したアタッカー陣だが、豪華絢爛な新戦力に加え、U-21代表の田川亨介、中盤とFWをこなせるテクニシャン小野裕二もいて、十分な手駒が揃っている。
 
 守備に関して言えば、湘南と並んでリーグで11番目の23失点と、大崩れをしているわけではない。ところが、得点数は名古屋と並びリーグ最少の15得点。18試合中9試合と半数がノーゴールという得点力不足に喘いでいる。
 
 フィッカデンティ監督は様変わりした攻撃陣を「ゼロからチームを作り直したような状況」だと言うが、まさに、ここからいかに攻撃のパターンを構築していくかが焦点だ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ