ガンバの宮本新監督が鹿島戦のドローに一定の手応え「共通理解は見られた」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年07月28日

「やろうとしていることも半分くらいはできていた」が攻撃面は…

宮本新監督は初陣で勝点1を確保。「次につながる」と総括した。写真:川本学

画像を見る

[J1リーグ18節]G大阪1-1鹿島/7月28日/吹田S

 初陣を1-1の引き分けで終えた鹿島戦後、G大阪の宮本恒靖新監督がフラッシュインタビューで試合を振り返った。
 
「やろうとしていることも半分くらいはできていましたし、後半もちょっと苦しい試合の中で点を追いついて、その後にチャンスも作れていたので、次につながると思います」
 
 41分にセットプレーから先制点を許したG大阪は、なんとか追加点を与えずに1点差をキープし、迎えた70分に米倉恒貴が同点弾を挙げる。殊勲の米倉本人が「クロスの当たり損ねが入った感じです」と告白したように、ラッキーな形でのゴールではあったが、いずれにせよ初陣で勝点1を確保できたのはポジティブな材料だ。
 
 宮本監督もチームのパフォーマンスを総括し、「みんなでボールを奪うところの共通理解や意識は凄く見られました」と守備の奮闘を讃えた。とはいえ、攻撃面に関しては課題も残ったようで、「あとはボールを奪ってからの質であったり、最後にペナルティエリアにかかるところでのもう一工夫だと思います」と反省も忘れていない。
 
 チームは連敗を2でストップしたものの、順位は依然として16位と厳しい状況は続く。宮本新監督の手腕が本当の意味で試されるのはこれからだろう。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ