森保ジャパンに突き付けられる最初の壁は? 指揮官も危惧する8~9月の“過密スケジュール”

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2018年07月27日

トルシエ以来の“兼任監督”はまず8月のアジア大会に臨む

日本代表の新指揮官に就任した森保監督(写真中央)。会見では意気込みを語った。写真:徳原隆元

画像を見る

 7月26日、2022年のカタール・ワールドカップを目指す新たな日本代表が誕生した。新指揮官に指名されたのは、2020年の東京五輪に出場するU-21代表を率いる森保一監督だ。
 
「重責を感じている」。新指揮官が噛みしめるように語ったように、2000年のシドニー五輪と2002年の日韓ワールドカップを指揮したフィリップ・トルシエ以来となる“兼任監督”は、大きなハードルとなるだろう。
 
 現に森保監督も「A代表の監督を引き受ける時に(8月に)アジア大会もある。キリンカップも9月にあるというなかで、視察はどうするのか、というところは一番初めに引っかかりました」と、不安を口にしている。
 
 今後のスケジュールを見ると、過酷な連戦が待っていることが分かる。まず森保監督がU-21代表とともに臨むのがインドネシアのジャカルタで8月14日から開催されるアジア大会だ。この大会ではもし順調に勝ち進めば、9月1日に決勝を戦うことになる。
 
 そしてその6日後には、新生日本代表の初陣となる9月7日のチリ戦(キリンチャレンジカップ)が待っているのだ。さらに9月11日にはコスタリカ戦(キリンチャレンジカップ)も控えている。
 
 急ピッチで準備を進めなくてはいけないなか、現状ではA代表のスタッフは未定。その点については森保監督は次のように説明した。
 
「スタートのキリンカップについてはすぐに編成はできないと思いますので、今の東京オリンピックの代表チームに関わっているスタッフでいきたいと考えています。プラス必要であれば、そこは技術委員長に相談して付け加えていきたいです。今フリーでやられている方、今仕事をされている方、すべての方を選択肢として考え、いつまでと焦って決めるのではなく、最高の編成にしたいです」
 
 その後のA代表の活動としては10月に2試合、11月に2試合、計4つの親善試合をこなし、来年1月には覇権奪回が期待されるアジアカップが待っている。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月1日発売
    ストライカー
    「第3世代の衝撃」
    “新・FW黄金期"が
    まもなく到来!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ