バルサがローマ獲得発表済みの逸材を強奪!? 土壇場の好オファーで所属先が…

カテゴリ:移籍情報

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年07月24日

空港に降り立ったのは新守護神オルセンのみ…

昨シーズン、リーグ・アン35試合に出場して12得点7アシストという好成績を残したサイドアタッカー、マウコム。果たして、最終的にどこのクラブの選手となるのか。 (C) Getty Images

画像を見る

 ローマとボルドーは7月23日、ブラジル人FWマウコムの移籍で合意に達したことを発表した。
 
 ところが、この移籍劇に暗雲が立ち込めている。地元メディアによると、その背景にはバルセロナの存在があるようだ。
 
 以前からマウコム獲得に動いていたローマは、23日にボルドーとの交渉をまとめた。『Corriere dello Sport』紙は、移籍金は3200万ユーロ(約41億6000万円)をベースに、ボーナスを加えた約3700万ユーロ(約48億1000万円)と報じている。
 
 マウコムは23日のうちにローマ入りし、メディカルチェックを済ませてから、年俸250万ユーロ(約3億3000万円)の5年契約にサインするはずであり、ローマの空港には、300名ほどのサポーターがニューフェイスを歓迎しようと集まっていたという。
 
 しかし、ファンたちが空港で会えたのは、リバプールに移籍したアリソンに代わる新守護神候補のロビン・オルセン(←コペンハーゲン)だけだった……。
 
 その理由は、バルサからさらに好条件のオファーが届いたことで、ボルドーがマウコムのフライトを阻んだからという。
 
 ブラジル代表のウィリアンを狙っているバルサだが、イギリスのメディアはチェルシーが3度目のオファーも断ったと報じている。これを受け、バルサがマウコムに標的を切り替えたようだ。
 
 マウコムの代理人フェルナンド・ガルシアは、イタリア『Calciomercato.com』で「我々はローマと合意していたのだが、ボルドーが食い止めた。明日(24日)、状況を解決できるように願おう」と述べている。
 
 一度は公式に合意が発表されながら、宙ぶらりんの状態となったマウコムの移籍は、どのような結末を迎えるのか。バルサ移籍となれば、ローマ側の反発は想像に難くないが……。
【関連記事】
慰留に自信あり! チェルシー新指揮官がアザール、クルトワ、ウィリアンと月末に直接面談の予定
ウェストハムがニューカッスルを出し抜いて武藤嘉紀の獲得に前進!? 移籍金20億円で交渉へ
F・トーレスらと強力タッグ形成へ!! 鹿島の金崎夢生が鳥栖へ電撃移籍!
C・ロナウド移籍の次は、ビッグネームの“出戻り”か!? ボヌッチ&ポグバがユベントス復帰を希望との報!
「ウチに来てくれたら嬉しいけど…」長友佑都がトルコ挑戦報道の香川真司を勧誘!?
エムバペ、W杯期間中にカンテをパリSGに勧誘したことを告白! ネイマールとの関係性についても言及

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ