超大型トレードが実現か? スアレスとA・サンチェスをめぐり、リバプールとバルセロナが会談

カテゴリ:ワールド

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2014年07月03日

リバプールとバルサの首脳がロンドンで会合。

W杯での噛みつき事件で4か月間のサッカー活動停止処分を受けたスアレスだが、それでもバルサは獲得に興味を持っている。A・サンチェスとの大型トレードは実現するのか? (C) Getty Images

画像を見る

 リバプールとバルセロナの首脳が7月2日、ロンドンで会合を持った。テーブルに載った話題は、ルイス・スアレスとアレクシス・サンチェスの交換だ。
 
 バルセロナがスアレスに強い興味を持っているのは、いわば公然の秘密。一方、交換要員となるべきA・サンチェスは、イングランドであればリバプールではなく、すでに3200万ユーロ(約44億8000万円)をバルセロナにオファーしているアーセナルを選びたい意向を持っている。
 
 そのアーセナルをはじめとする他のクラブの動向も含めて、この2人が今夏のメルカートで主役を演じることは間違いない。
 
文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野道郎

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ