やっぱりC・ロナウド効果は凄い! ユベントス、前年より3割値上げの年間シートがもう完売!!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年07月20日

ユニホームもバカ売れ、一般チケットは争奪戦必至!

現在は中国で数々のPRイベントに参加しているC・ロナウド。どこでも引っ張りだこのスーパースターは、その経済効果も群を抜いていることを改めて証明した。 (C) Getty Images

画像を見る

 クリスチアーノ・ロナウドというスーパースターが加わったのかだから、当然といえば当然だろう。
 
 ユベントスは7月19日、2018-19シーズンの本拠地「アリアンツ・スタジアム」の年間シートが全て売り切れたと発表した。
 
 クラブによると、昨シーズンの年間シート所有者による更新は7月4日から18日までのあいだに95パーセントを超え、さらに残りの席も、19日に短時間でソールドアウトになったという。
 
 新シーズンの年間シートは30パーセントほど価格が上昇しており、一部のサポーターからは抗議の声が上がっていたが、その後、C・ロナウドの加入が決定したことで、一転してファンはシーズンチケット確保のために殺到したかたちだ。
 
 ユベントスによると、年間シートで売れたのは2万9300席。収容4万人強のアリアンツ・スタジアムでなければ、この数字はさらに大きくなっていただろう。
 
 20日付『Gazetta dello Sport』紙によると、この年間シートの売り上げは3000万ユーロ(約39億円)を超えるとのこと。なお、以前の本拠地「デッレ・アルピ」(収容人員は約6万7千人)のラストシーズンの年間シート売り上げは、1000万ユーロ(約13億円)にも満たなかったという。
 
 現在、個人スポンサーの仕事で中国を訪れているC・ロナウドは、29日までバカンスの予定。チームとの仕事が始まる30日まで、まだもう少し時間がある。
 
 だが、ユニホームの爆発的な売れ行きも含め、ユベントス・サポーターの「C・ロナウド・フィーバー」は止まるところを知らない。そしてその熱は、少なくとも、シーズンが開幕してからも続くだろう。試合のたびに、年間シートを除いた残りの席を巡る、激しいチケット争奪戦が繰り広げられそうだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ