「ハメス、立たないでくれ!」コロンビアの10番がスタンドで大興奮

カテゴリ:国際大会

白鳥大知(ワールドサッカーダイジェスト)

2018年07月04日

「今日はちょっとついてないな」と思っていたら。

ミナの同点ゴールに歓喜の雄叫びを上げるハメス。

画像を見る

【ロシアW杯・決勝トーナメント1回戦】コロンビア 1-1(PK3-4) イングランド/7月3日/スパルタク(モスクワ)
 
 またひとり、主役候補のスター選手が大会を去った。
 
 ロシアW杯に限らずスタジアムの記者席は「机のあり」と「机なし」に分かれていて、この日の僕は後者。イングランドのメディア数は日本と並んで大会屈指なのに、舞台がやや手狭なスパルタクでは仕方がない。メディアチケットに記載されている自分のシートに向かった。
 
 メインスタンドのやや左側、前から4列目だった。ピッチが近すぎて全体が見えにくいし、机がないのでパソコンは開きにくいしで、取材するうえで最高の場所とは言えない。いつも使っていたメトロがなぜか運休で、急遽タクシーに飛び乗るも道が大渋滞で倍以上の時間がかかってようやくスタジアムに辿り着いていただけに、「今日はちょっとついてないな」と思いながら、目の前のコロンビアのウォーミングアップを見ていた。
 
 右ふくらはぎを怪我して別メニュー調整が続いていたハメス・ロドリゲスは、控え組の和の中にもいなかった。「ベンチ外か、そこまで悪いのか」とコロンビアのエースを見られないことに、さらにちょっと残念に気分になった。
 
 しかし、試合が始まると周囲がザワザワし始めた。視線を上げると、ハメスがピッチ脇をこっちに向かって歩いてくる。そして、そのままスタンドに入ると、僕の3列前のシートに座った。同じく怪我でベンチ外になったFWミゲル・ボルハ、コーチのエステバン・カンビアッソともう一人のスタッフとともに、そこで試合を観戦していた。
 
 最初は「んっ、ハメスここで観るんだ。相変わらずイケメンだな~、そりゃあ女子から人気なわけだ」と思うくらいであまり気にしていなかったが、だんだん無視できなくなってきた。何しろオーバーリアクションだったのだ。仲間が敵にファウルされれば身を乗り出して抗議し、ミスをすれば手を叩いて励まし、チャンスとあればまた立ち上がって「いけー!」と叫ぶ。隣のスタッフに「座りなさい」と制止されていたほどである。その真後ろにいた僕は「ハメス、立たないでくれ! ピッチが見えない!」と何度も思った。
 
 57分にイングランドに先制されて以降はさらにヒートアップし、着ていたジャージを脱いで半袖に。この日のモスクワは風が冷たくて肌寒く、薄いダウンを着ている人もいたくらいだったが、ハメスはまったくお構いないだった。
【関連記事】
「ベルナベウでの時間は終わり」C・ロナウドがマドリーに退団を告げる…移籍金129億円でユーベ行き決断へ
さすが美女大国! ロシアW杯で出会った「美しすぎる」「可愛いすぎる」スタッフ!
父親誘拐の事実を明かさず大一番へ…ナイジェリア代表MFが衝撃の顛末を告白!【ロシアW杯】
【セルジオ越後】「惜敗」はなんの慰めにもならない。そこに差があることを認識しないと
「凄まじい進歩だ!」「品格ある去り方」 ベルギー戦惜敗の西野ジャパンを仏メディアが手放し称賛【ロシアW杯】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ