ベルギー代表が抱える"ふたつの弱点"。攻撃はタレント揃いだが…【ロシアW杯】

カテゴリ:日本代表

内藤秀明

2018年07月02日

左サイドと中盤のフィルター機能は十分ではない

アザールら攻撃的なタレントが揃っている分、守備のバランスは部妙に悪い。(C)Getty Images

画像を見る

 日本代表は、ベルギー代表を破ることができるのだろうか。
 
 個々の能力を比較すると、どうしても気後れしてしまうが、ベルギーが隙なしのチームかと言われるとそうでもない。攻撃的なタレントを起用すること優先してしまい、攻守のバランスは微妙に悪い。
 
 具体的に守備面ではふたつの弱点がある。
 
 ひとつは左サイドの守備だ。左ウイングバックのカラスコは本来ウイングの選手ながらハードワークしているが、守備的なタスクを完璧にこなしているとは言いがたい。それでなくともウイングバックの選手は、ウイングにつくのか、サイドバッグの選手につくのか難しい判断が求められるシーンが多い。
 
 それを逆手に取り、右SBの酒井宏樹がタイミングのいいオーバーラップでカラスコの裏に抜け出し、左CBのフェルトンゲンを釣り出すことができれば、空いたスペースを原口元気や香川真司が活用し、逆サイドの乾貴士がゴール前に飛び込んでくるという絵図は見えてくる。
 
 もうひとつの弱点は中盤のフィルター機能だ。ベルギーが採用している3-4-3は、2ボランチが広大なスペースをカバーしなくてはならないシステムなのだが、中盤で蓋をできるフランス代表でいうエンゴロ・カンテやアルゼンチン代表のハビエル・マスチェラーノのようなタイプがいない。
 
 ケビン・デ・ブルイネ、アクセル・ヴィツェル、ムサ・デンベレなどの選手たちは、デュエルは強いが、90分間通して縦パスを切り続けるフィルターとしての機能を果たせるタイプではない。
 
 3CBの一角が中盤のエリアをカバーしようとすれば最終ラインの統制は崩れ、ラインを守ること優先すればバイタルエリアで、乾貴士、香川真司など2ラインの間で受けることを得意とするテクニカルな選手たちが前を向くことができる。彼らがゴールに向かっている時に日本にチャンスが訪れることは、グループステージの結果が証明している。
 
 もちろん単純比較すれば、ベルギー代表のほうが優位なエリアやマッチアップは多い。とはいえ、ベルギー代表も多くのタレントを上手く組み合わせることに苦労しており、上記のような穴があるのも間違いない。これらの穴を西野監督が上手く突くことができれば、日本代表がまた奇跡を起こすことができるのかもしれない。

文●内藤秀明
【関連記事】
運命のベルギー戦、最終オッズが確定! 想像以上の圧倒的な査定差で…【ロシアW杯】
いざベルギー戦。絶対にハマってはいけないシチュエーションとは?【ロシアW杯】
【ベルギーの先発予想】ルカクやアザールなど“ガチメンバー”が濃厚! コンパニも初先発か?
川島から相談されていた西野監督。「1、2戦目を終えた段階で…」【ロシアW杯】
【日本×ベルギー展望】限界突破なるか? “赤い悪魔”を心理的に揺さぶるには…

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ