「世界の度肝を抜いた!」至宝エムバペの“4人抜き&圧巻2発”に欧州メディアが驚嘆!

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年07月01日

大一番で余すところなく披露された「巨大な才能」

超絶スピードで先制PKをもたらしたエムバペは後半に爆発! 鮮烈な2ゴールでフランスを8強へと導いた。(C)Getty Images

画像を見る

 スーパープレーが飛び出たのは開始10分過ぎだった。
 
 現地時間6月30日のフランスvsアルゼンチン戦。世界中のファンが息を呑んだ。自陣中央でボールをカットしたフランス代表FWキリアン・エムバペは、あっという間にアルゼンチン選手3人を置き去りにして高速ドリブルを開始。なんとそのまま凄まじい加速力でアルゼンチン守備網を切り裂き、60メートルを独破した。正面で待ち受けたマルコス・ロホも振り切られて思わずエリア内でファウル、フランスにPKが与えられたのだ。
 
 これをアントワーヌ・グリエーズマンが落ち着いて決め、フランスが先制点を挙げた。
 
 驚嘆の声を寄せたのが欧州メディアだ。英公共放送『BBC』はロホの軽率な対応を断じつつ、「予期せぬビッグプレーが飛び出た。エムバペが止まらない!」と称え、フランスの全国スポーツ紙『L’Equipe』も「まさに電光石火のソロプレーだ。ワールドカップに残る名場面となった」と評する。さらに衛星放送『EURO SPORTS』は「世界の度肝を抜くワールドクラスのプレーだ」と絶賛した。

 
 その後フランスは41分にアンヘル・ディ・マリアに強力ミドルを突き刺され、48分にはガブリエル・メルカドに逆転弾を奪われてしまう。だが57分、バンジャマン・パバールが華麗なハーフボレー弾で追いつき、ふたたびスコアをタイに戻した。ここから、エムバペがさらに輝きを増すのだ。
 
 64分にゴール前の混戦から縦に素早く持ち出して再逆転ゴールを蹴り込むと、その4分後だった。カウンターからオリビエ・ジルーのパスに呼応し、鋭いグラウンダーショットでGKフランコ・アルマーニをぶち抜いた。先制点を導いた驚愕の仕掛け、そしてここぞでの圧巻2発。19歳とはとうてい思えない、完成度の高いパフォーマンスを示した。
 
 終了間際にセルヒオ・アグエロに1点を返されたが、アルゼンチンを鮮やかに4-3で撃破したトリコロール軍団。ちなみにグリエーズマンが得点したゲームは、これで17勝2分けに。不敗神話が継続された。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • スラッガー5月増刊号
    4月1日発売
    ICHIRO MLB全軌跡2001-2019
    衝撃の記憶 名場面13選
    全3089安打詳細記録
    2019日本開幕シリーズ レポート
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月25日号
    4月11日発売
    東京五輪の主役候補を追え!!
    97~03年生まれ限定
    次世代タレント200選
    クラダイは名古屋&柏!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月18日発売
    2019年 夏の移籍マーケット
    「空前の大シャッフル」
    を読み解け!
    強豪15クラブはどう動く!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ