ロシアW杯「スピードキング」は誰だ!? 韋駄天マネ、弾丸エムバペを最速値で上回ったのは…

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年06月22日

ネイマールもメッシもサラーも本調子ではない!?

驚異的なスピードを誇るマネが日本DF陣に襲い掛かる。だがFIFA換算データによると、このセネガルの英雄を凌ぐ“最速値”を叩き出したのが……。(C)Getty Images

画像を見る

 日曜日に開催されるセネガル戦で、日本DF陣の脅威となるのがサディオ・マネだ。2017-18シーズンのリバプールで20得点・9アシストをマークした攻撃センスはもちろん、プレミアリーグ随一と言われる俊足も大きな武器だろう。
 
 では、今回のロシア・ワールドカップにエントリーしている736選手のなかで一番足が速い選手は誰なのか。ひとつの指標となるのが、FIFA(国際サッカー連盟)が試合後に公表している全選手の「トップスピード」値だ。ゲームのなかで選手が記録した最速スピードを時速で表示しており、ひとりの選手でも試合展開やコンデションによって数値は変わってくる。
 
 注目のマネはと言うと、第1戦ポーランド戦でマークした「31.28km」が最高値。この試合においてはベストで、十分な速さなのだが、全体で見ればさほど高いものではない。スピードの速かった順にトップ10を作成してみると……。名勝負と謳われるポルトガルvsスペイン戦で、あのスーパースターが記録した数値が首位に立った。

 
 以下が6月21日時点の「最速ランキング・トップ10」だ。
 
1位:クリスチアーノ・ロナウド(ポルトガル) 33.78km
2位:ルイス・アドビンクラ(ペルー) 33.70km
3位:アンチ・レビッチ(クロアチア) 33.30km
4位:マルコ・ウレーニャ(コスタリカ) 33.08km
5位:アシュラフ・ハキミ(モロッコ) 32.83km
5位:マシュー・レッキー(オーストラリア) 32.83km
5位:ジャンカルロ・ゴンサレス(コスタリカ) 32.83km
5位:ロメル・ルカク(ベルギー) 32.83km
9位:ジェラール・ピケ(スペイン) 32.62km
10位:サルダル・アズモン(イラン)32.62km
10位:エドゥアルド・サルビオ(アルゼンチン)32.62km
 
 ちなみにフランス代表の弾丸キリアン・エムバペはまだアイドリング状態なのか、「30.60km」が最高値。そのほかの注目どころではスイスに仕事をさせてもらえなかったネイマール(ブラジル)が「29.02km」、不調が垣間見えるリオネル・メッシ(アルゼンチン)が「27.43km」が低調で、エジプトの英雄モハメド・サラーが「31.97km」にとどまっている。
 
 ちなみに日本の最速王は、コロンビア戦で両チーム合わせて「32.18km」のベストを叩き出した原口元気となっている。
【関連記事】
【橋本英郎】“ボランチ柴崎”のハイパフォーマンスに計り知れない衝撃を受けた!
「恐怖の悪夢だ」「重大すぎる!」アルゼンチン守護神の“大失態”に世界騒然!
「あの日本戦は忘れられない」8年前のリベンジを期す“天才肌”が待望のW杯初弾!【ロシアW杯】
「日本は2位通過」「全体の10番手」世界的データ会社が西野ジャパンに驚きの高評価!
データ上でも日本がコロンビアを凌駕! なんと原口が“速さ”であの韋駄天を上回る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ