「これがサッカーか?」「観客は被害者」ポーランド戦の"時間稼ぎ"に韓国メディアから批判殺到

カテゴリ:日本代表

ピッチコミュニケーションズ

2018年06月29日

『OSEN』は「結局はコロンビアに助けられた」と報道

0-1で敗れながらもグループ突破を決めた日本代表。アジア初となる3度目の16強進出を称えるメディアもあった。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

 西野ジャパンは28日にグループリーグ最終戦でポーランドと対戦。試合は0-1で敗れたが、日本がフェアプレーポイントでセネガルを上回り、H組2位で決勝トーナメント進出を決めた。この結果は、韓国でも報じられている。
 
「日本、ポーランドに敗れたが16強進出…アジア初の3度目」(『ソウル経済』)
「“ありがとうコロンビア”日本、ポーランドに0-1負けも劇的な16強行き…アジア勢で唯一の進出」(『InterFootball』)
「日本、フェアプレーポイントで16強進出…クリーンなサッカーが“神の一手”」(『スポーツ韓国』)
 
 といった具合で、この日の試合内容を詳しく報じるメディアも少なくない。
 
 例えば、『OSEN』は、「スタメンを6人代えた日本の自己満足…致命的な敗着になるところだった」と報じている。記事は、日本が3戦目でスタメンを6人入れ替えたことについて、「(決勝トーナメントに向けて)体力を温存する実利サッカーをしようという心積もりだった」と紹介。立ち上がりから安定した試合運びを見せていた日本が59分に失点し、乾と大迫を投入して総攻撃を仕掛けてもゴールを奪えず「絶体絶命の脱落の危機に立たされた」として、「結局はコロンビアに助けられた」と伝えている。
 
 特に目立っているのは、日本が試合終盤に後方でボールを回し続けたことを取り上げる記事だ。
 
『スポーツ・ソウル』は、「スポーツマンシップが失踪した“夢の舞台”に…罪なき観客だけが被害者」と題した記事で、日本は失点直後までは攻撃的にゴールを狙っていたと報道。「ここまでは“正常な試合”だった」と前置きしたうえで、セネガル対コロンビア戦でセネガルが先制したというニュースが伝えられると日本の試合の進み方が変わったとし、「日本は敗北に満足するようにやる気のない試合を展開した」と伝えた。
 
 さらに、「“世界のお祭り”であるワールドカップを見るという期待感を膨らませ、高いチケット代を喜んで払ってスタジアムを訪れた観客たちは、勝利のために選手たちが流すはずの血と汗の代わりに、意味なく転がるサッカーボールを眺めていなければならなかった」と綴っている。
 
 そのほかにも、「“これがサッカーか?”日本、ブーイングを浴びながら16強へ」(『KBSニュース』)、「日本、なぜフェアプレーポイント勝者に相応しくなかったのか」(『SPOTVNEWS』)、「日本サッカー、16強進出しても拍手を受けられない理由」(『スポーツ韓国』)など、日本の時間稼ぎに対して厳しい見方をするメディアは数多い。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ