「サッカーはエンターテイメント」と言う本田が"現実的"な西野采配を絶賛する理由【ロシアW杯】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2018年06月29日

「僕が監督でもこの采配はできなかった」

本田が西野監督の采配について持論を語った。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

[ロシアW杯グループH] 日本0-1ポーランド/6月28日/ヴォルゴグラード・アレーナ(ヴォルゴグラード)
 
 ロシア・ワールドカップのグループH最終戦、日本はポーランドに0-1で敗れた。
 
 日本は60分、FKからポーランドに得点を許す。しかし74分、同グループの裏カードで、コロンビアがセネガルからリードを奪う。すると、日本は敗れてもフェアプレーポイントの差でセネガルを上回ってグループ突破が決まることで、攻めに出ないまま時間を稼ぎ、そのまま0-1でタイムアップとなった。
 
 一方のセネガル対コロンビアも0-1のまま試合終了。この結果、日本の決勝トーナメント進出が決まった。ベンチでゲームを見守った本田圭佑は、まず自身のサッカー観を踏まえたうえで、ポーランド戦を振り返った。
 
「サッカーってエンターテイメントでしょ。そういう意味では結果主義じゃダメなんですよ。だって、ボールをずっと持っているんですよ。ホントはダメなんですよ。ホントは良いサッカーをしてなんぼなんです。サッカーって。ブーイングを送って面白いサッカーを見たかったファンには申し訳なく思う」
 観客を楽しませることがサッカーだと本田は言った。それでも、時間稼ぎを選択した西野朗監督の采配を次のように絶賛する。
 
「西野さんがリスクを取りに行って、個人的には凄く結果的に素晴らしい采配だったなと思っています。僕が監督でもこの采配はできなかったなという風に、客観的に受けた自分もいたので。ホントに結果がでた。結果がすべてだと思います。それは西野さんが凄いなと今日に限ってはホントに思いました」
 
 たしかに、セネガルが1点取れば日本の敗退が決まる他力本願な采配のため、リスクは大きかった。西野監督は、賭けに出てグループリーグ突破を決めたのだ。
 
「サッカーはエンターテイメント」と言う本田が結果主義を絶賛する理由は「勝たないと、次に進まないと、良いサッカーをしてファンを喜ばせることもできない」からだ。勝たなければ、面白いサッカーを見せる土俵にも上がれないということだろう。
 
 そのため、本田自身も「結果を出さないと誰も俺の発言を聞いてくれないから、俺も結果だけを求めてきているんですけど」と個人としても、発言力を高めるために結果を求めているという。
 
 結果を残して次のステージに立った。7月2日の決勝トーナメント1回戦、ベルギー戦はぜひ良いサッカーを見てみたい。

【日本代表PHOTO】日本 0-1 ポーランド|ポーランドには敗れるも…フェアプレーptsの差で2大会ぶりの決勝トーナメント進出!

【データで見る】日本×ポーランド|詳細マッチスタッツ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ