槙野智章の“周到すぎる”エース対策――ベルギーのルカク封じにも自信

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2018年06月29日

「ワールドカップから逆算した時に…」

槙野はポーランド戦でワールドカップ初出場。次戦のベルギー戦でも出番はあるか。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

[ロシアW杯グループH] 日本0-1ポーランド/6月28日/ヴォルゴグラード・アレーナ(ヴォルゴグラード)
 
 槙野智章がポーランド戦でワールドカップ初出場。チームは0-1で敗れたものの、このDFは敵エースのレバンドフスキにうまく対応し、グループリーグ突破に貢献した。
 
「試合は0-1で負けました。ただ自分のやるべきことっていうのは出せたと思います。対戦する選手も非常に面白い選手だったし、ずっと見てきた選手。(レバンドフスキは)そんなに怖くなかった。地上戦、空中戦もあったし、自分なりにはやれたかなと思っています」
 
 37分にはレバンドフスキへのパスを見事にカットすると、81分にはこのFWへのクロスに反応して決定機を阻止。槙野は試合後、手応えを語った。
 
 もっとも、ワールドクラスのストライカーに仕事をさせなかったのは偶然ではなく、周到な準備の賜物だったようだ。
 
「グループリーグの3戦のなかで、コロンビアだったらファルカオ選手だったり、セネガルだったらマネ選手だったり、ポーランドで言えばレバンドフスキ選手だったり、各国のエースを抑えるのが、もちろん僕の仕事でもありDFの仕事だと思う。ワールドカップから逆算した時に、この組み合わせが決まった時に、所属クラブでプレーするビデオを見たり、これまで自分の頭の中に叩き込んで、この大会に臨むようにしました。

 与えられた時間、与えられた試合の中で自分ができることを精一杯やるというのが僕のテーマでもありましたので、今日はDFの選手に決められてしまいましたけど、90分の中でレバンドフスキ選手との対戦というのは、僕にとっては次のステージに進むための非常に良いバトルになったんじゃないかなと思っています」
 
 組み合わせが決まった時点から対策を練っていただけに、プレースタイルへの理解は万全だった。あとは自身のコンディションと精神的な問題だったという。
 
「(ポーランド戦で先発出場することは)2戦目が終わってから言われていたので、それなりの時間はありました。あとはメンタル面ですね。コンディションのところではうまく練習はできていたものの、メンタル面のところでうまく試合まで時間がありましたので、そこで作っていくことが大事だと思っていました」
 
 綿密なスカウティングでレバンドフスキを止めたエースキラーに、次のベルギー戦で求められるのは、ロメル・ルカク封じだ。槙野は「ルカク選手はベルギー代表で11月に出てやっていますので、ある程度イメージはできています」と自信を見せている。

【日本代表PHOTO】日本 0-1 ポーランド|ポーランドには敗れるも…フェアプレーptsの差で2大会ぶりの決勝トーナメント進出!

【データで見る】日本×ポーランド|詳細マッチスタッツ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ