昌子源が感動の極み!「日本のレジェンドが…個人的なLINEをくれるのはすごく嬉しかった」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年06月28日

ヤットさん(遠藤保仁)からLINEが来たんですよ。『ナイス』って。『次も頑張れよ』って

ポーランド戦を翌日に控え、意気込みを語った昌子。第3戦も国内組の意地を見せられるか写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

 日本代表は6月28日、ロシアのヴォルゴグラードでグループリーグ突破を懸けてポーランド戦を迎えるが、決戦を翌日に控えた同27日には会場となるヴォルゴグラード・アレーナで前日練習を行なった。

 日本のここまでの快進撃を後方から支えたひとり、センターバックの昌子源は、ポーランド戦に向けた意気込みを問われると、「勝って決めたい。引き分け狙いではなく。負けたら僕らも危うくなるのは分かっている、同時刻で相手もやるけど、僕らが勝っておけば何も気にすることはないし、勝ちに行くメンタルで行きたいなと。ここから準備していきたいなと思っています」と、あくまでチームの方針でもある勝点3を目指す戦いで臨むつもりだ。

 相手はすでに敗退が決定しているポーランドだが、「未勝利では帰れないだろうし、FIFAランク10位以内のプライドもあるだろうし、本当に勝ちに来ると思う」と相手の状況からもまったく油断はできないと考える。

 グループFでは、アジアの宿敵である韓国がドイツを相手に番狂わせを演じ、ドイツを敗退に追い込んだ。「韓国も実際、ドイツに勝って何かやってやろうという気持ちがあったからこの結果になったと思う。国のみんなのためにやる。そういうのはポーランドも持っていると思うし、僕らが逆の立場だったら、絶対にそう。覚悟を持って強い気持ちで挑みたい」と、昌子もプライドを懸けて挑んでくるであろうポーランドの勢いに警戒心を示す。

 一方で、昌子はチャレンジャー精神で戦うことを強調するが、それだけでなく、代表に選ばれなかった選手たちの想いも汲んで戦うべきということを話すなかで、ある選手たちとのエピソードも披露している。

「僕らだけが戦っているわけじゃないし、Jリーグの唯一組って言われましたけど、いろんなひとが見てくれて、ヤットさん(遠藤保仁)からLINEが来たんですよ。『ナイス』って。『次も頑張れよ』って。コロンビア戦の後なんですけど、ヤットさんが見てくれて、偉大な日本のレジェンドの一番出ている人が、今でもここにいてもおかしくない選手がそうやって僕に個人的なLINEをくれるというのは、すごく嬉しかった。そういう人のためっていうか、背負ってっていうのもある。そういう人らの想いも背負って戦いたいと思うし、ワールドカップ前には森重くんからもLINEが来たんです。内容は言えないけど、内容も含めてすごく嬉しかった。本当はここにいてもおかしくない人の分も自分がやらないといけないし、っていうのはすごく思う」

 日本から遠藤や森重といったJの重鎮たちから心強いエールをもらい、またそうした実力者たちの分まで戦うことの使命感を口にした昌子。ここ2試合で評価を急上昇させたセンターバックが勝利での、グループリーグ突破に意欲を燃やしている。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ