【日本代表】奇跡などではない勝点4。ザックジャパンとの決定的な違いは?【ロシアW杯】

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2018年06月26日

今の日本にはいわゆる“勢い”がある

今の日本には確かな勢いが感じられる。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

 奇跡なんてものは短期間に二度も起こらない。だから、コロンビアに2-1と競り勝ち、セネガルに1-1と引き分けた今大会の日本の実力はそれなりと見るべきだろう。
 
 確かにコロンビア戦は開始3分のレッドカードに助けられた部分は大きい。相手が10人でなければ勝てなかったと、そんな見方もできる。ただ、どんな形であれ、このコロンビア戦で勝点3を獲得できたのは大きかった。
 
“ワールドカップでの1勝”というとてつもない自信がチームに伝染し、自然とチームの雰囲気も明るくなっていった。実際、香川真司も初戦を終えた段階で「4年前とはムードが違う」というニュアンスの発言をしていた。
 
 この雰囲気というものがワールドカップのような短期決戦では重要だ。言い換えれば、それは勢いになる。3週間前のスイス戦ではまったく機能していなかったチームが嘘のように、ひとつの集合体としてまとまり、セネガル戦では二度もリードされながら追いついた。雰囲気的な良さは大迫勇也も感じているようだ。
 
「途中から入る選手、最初から入る選手、すごく皆が良い状態でプレーしている。距離感もすごく良いし、雰囲気的にも良い」
 
 ここまでの戦いぶりを観るかぎり、この4年間で培ったものが随所に見られている。例えば球際の強さ、相手の出方によって戦い方を変える柔軟性などがそうだ。「自分たちのスタイル」にこだわった4年前のブラジル・ワールドカップと違って、現代表は相手ありきのサッカーをそれなりに実践できている。ザックジャパンとの決定的な違いがあるとすれば、「相手ありき」の思考があるか否かではないか。
 
 4年前のブラジル・ワールドカップでは柔軟性を欠いていた。コートジボワールとの初戦ではディディエ・ドログバを投入されてから中盤がパニックを起こし、続くギリシャ戦は10人の相手に拙攻を繰り返すばかり……。

 そして3戦目のコロンビア戦は1-1で前半を折り返しながら、後半から登場したハメス・ロドリゲスにいいようにやられてしまった。相手の選手交代、戦術にまったく対応できず、ほとんど良いところなくグループリーグ敗退を余儀なくされたのがザックジャパンだった。
 
 それに比べれば、今の日本代表は頼もしい。同点に追いつかれても突き放し、リードを奪われてもゴールを奪い返す。こういう粘り強いチームは、相手からしたら結構厄介なのである。システムや戦術では測れない強さが西野ジャパンにはある。
 
取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)
 
 【日本代表PHOTO】日本 2-2 セネガル|本田の同点ゴールでドロー終了、グループ突破は次戦に持ち越し

【PHOTO】現地直送第2弾! ロシアW杯を彩る『半端ない』美女サポーターたち

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ