【セルジオ越後】決定機をフイにしすぎ…大迫は“中途半端”だし、香川は消えた

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェスト編集部

2018年06月25日

試合運びの稚拙さが表われたね

大迫がシュートを外しまくっていたのは残念。”半端なさ”をまったく感じられなかった。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

 日本代表がセネガルに2-2で引き分けて、グループリーグ突破に前進した。戦前の両チームの評価を考えれば、格上の相手に負けなかったのは良かったけど、これを決して高く評価してはいけないよ。あくまで目標は勝利だったわけで、結局それを達成できなかった。点数をつけるとしても、10点満点中5点くらいだろう。
 
 セネガルは初戦のポーランドとの試合に照準を絞っていたのか、日本との試合では明らかにコンディションが落ちていた。全体的にパスミスも多かったし、キープも満足にできていなかった。エースのマネにしても動きが重くて本来のキレを失っていたよね。
 
 日本は、相手が本調子ではなかったことに助けられたという事実を忘れてはいけないよ。
 
 相手が低調だったにもかかわらず、先制点を与えてしまったのはいただけない。試合運びの拙さが表われたね。先行して慌てて追いつくけど、追加点を取られて、また無理をして攻めなければいけなくなる。そんな展開で、日本は90分間後手に回ってしまった。つまりスコアに動かされてしまっていたんだ。
 
 積年の課題でもある決定力不足も露呈した。セネガルよりもチャンスは多く作っていたと思うけど、やっぱりあれだけ決定機をフイにしてしまっていては、勝てる試合も勝てなくなる。
 
 何より大迫がシュートを外しまくっていたのは残念だ。セネガル戦は“半端なさ”はまったく感じられなかった。むしろ、ドイツでゴールが奪えなかった昨シーズン中の“中途半端”な状態に戻ってしまっていたよ。

 数的優位のコロンビア戦でできていたことでも、日本の選手は数的同数でプレッシャーをかけられると、途端に精度を欠いてしまうんだ。決めるべきチャンスをしっかりと決めていれば、相手のコンディションから言っても、苦しむ試合ではなかったはずだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ