【松木安太郎】「大迫半端ない」がピッタリの試合!前向きな姿勢が最高の結果を生んだね

カテゴリ:日本代表

松木安太郎

2018年06月20日

みんな素晴らしいプレーをしていたけど、なかでも大迫は光っていた

前線で存在感を放った大迫(15番)は、この試合のMVPだ!(C)Getty Images

画像を見る

 やったね! やってくれた! ワールドカップの大事な初戦で2-1の勝利! 引き分けでも御の字だと思っていたけど、最高の結果が出たよ。
 
 コロンビアがバタバタしていた立ち上がりにPKを取れたのが、日本にとっては本当に大きかった。しかも、相手が退場者を出して数的優位。願ってもない状況だったよ。
 
 ただ、それを引き出したのは、日本のアグレッシブな姿勢だ。立ち上がりから全員が前を向いて、前線に素早くボールを供給したのがなにより良かった。そこから大迫が粘ってシュートまで持ち込み、こぼれ球を香川が詰めてハンドを誘った一連のプレーは言うことなし。立ち上がりのあのタイミングで、しっかり前線に人数を送り込めたから、試合の流れを掴めたんだ。
 
 日本の選手はみんな素晴らしいプレーをしていたけど、なかでも大迫は光っていたね。1点目につながった粘り強いプレーもそうだし、試合の決着をつけた2点目のヘディングもそう。まさに「大迫半端ない」というのが、今日のゲームにはピッタリだ。
 
 本人も「自分の夢が叶った」と言っていたね。ワールドカップで決勝点を挙げるというのは自分の夢のひとつだったんだろう。まずはその1ページが塗り替えられたということで、次の2ページが楽しみだよ。
 
 試合を振り返ると、ちょうど失点をする前に気になった時間帯があった。1-0でリードしていて、なおかつ数的優位の時は、どうやって自分たちのペースをキープするかがポイントなんだけど、そこで中途半端なプレーが増えていたんだ。あの時間帯はパスミスも多く、リズムを失った末にセットプレーでやられた。隙ができていたよね。
 
 FKの場面は、相手のキッカーも日本をよく研究していたと思う。日本の壁がジャンプするのを読んでいたから、あれをGKのミスというのは酷かもしれない。
 
 1-1になって少し嫌な空気が漂ったけど、この日の日本の選手たちは一味違ったね。ハーフタイムのミーティングで整理がついたんだと思う。後半は見事に修正して、どういう戦い方をするのかが定まっていたよ。対照的にコロンビアは、ひとり少ないなかで体力を温存しながら日本のミスを突きたいというスロースタートな部分があった。日本としては、与しやすかったと思う。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月23日号
    5月9日発売
    2019年シーズン
    J1&J2序盤戦総括
    全1250選手「通信簿」
    高校サッカー別冊付録も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月16日発売
    WSD恒例企画
    2018-2019シーズン
    「BEST PLAYER」
    マンC優勝記念ポスターも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ