「ネイマールはすぐに倒れる選手だった」 9年前のU‐17W杯でブラジルを撃破したスイス代表MFが当時を振り返る

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年06月17日

コウチーニョについては「昔から格が違った」と絶賛。

9年ぶりとなる世界大会でのネイマールとの再会。U-17W杯ではジャカ(写真)擁するスイスに軍配が上がったが、はたして… (C)Getty Images

画像を見る

 ロシア・ワールドカップ(W杯)は大会4日目の6月17日。ついに優勝候補の一角ブラジルが登場する。チッチ監督が「100%ではない」と話したエースのネイマールの状態が注目されるところだ。

 対戦するスイス代表には、かつてそのネイマールのいるブラジルを下し、世界の頂点に立った経験を持つ選手たちがいる。2009年のU-17 W杯で優勝したメンバーたちだ。

 3連敗した日本と同組だったスイスは、2連勝で迎えたグループリーグ最終戦でブラジルと対戦し、1勝1敗だったセレソンを1-0で退けた。3連勝で決勝トーナメントに進んだスイスは、ドイツ、イタリア、コロンビアと強豪国を次々に沈めて決勝に進出。ファイナルでもナイジェリアを下し、優勝している。

 当時のメンバーのひとりで、現在アーセナルに所属するグラニト・ジャカは、英紙『Guadridan』で、「ブラジルと対戦する前の僕らはすごく興奮していた。ネイマール、フィリッペ・コウチーニョ、カゼミーロがいたのを覚えている」と当時を振り返った。

「カゼミーロはその時からすでに筋肉隆々だった。いまみたいにね。『彼らと戦えるのは僕にとっても、チームにとっても素晴らしいチャンスだ』って思ったものだよ」
 
 またジャカは、「ネイマールは触れただけですぐに倒れていた。僕は彼をそういう選手だと記憶している」と、現在のセレソンの10番を厳しく評した。挑発的にも聞こえるが、「僕が覚えているのは、彼がすごく頻繁に、安易に倒れていたことだ。仕方ないだろ、本当のことなんだから」と続けている。

 そのうえでジャカは、「ネイマールは試合を決められるワールドクラスの選手だ。僕は彼の幸運を祈っているよ」と敬意を表してもいる。

「今回は試合後に彼とユニホームを交換したいんだ。2009年のときは、僕らが次の試合でユニホームが必要だったから交換できなかったんだ」

 一方で、コウチーニョについては「完全に格が違ったよ」と絶賛している。

「ネイマールのパフォーマンスとコウチーニョのパフォーマンスは、まったく比較できるものじゃなかった。コウチーニョはコンスタントに危険な存在だった。彼が覚えているかは分からないけど、僕は一生あのパフォーマンスを忘れない。コウチーニョがA代表に進むのはすぐ分かったよ。ネイマールよりシャイなタイプだったけどね」

 スイスのW杯最高成績はベスト8。最後にそこに到達したのは1954年とはるか昔のことだ。ジャカは、「僕やチームメイトたちの多くは、その記録に並ぶか、あるいは上回る大会になるだろうと思っている」と意気込んだ。

「こういう大会で大事なのは、決定力だ。チャンスは10回もない。一度チャンスがあったら、それを決めなければいけないんだ。ブラジルの評判なんて重要じゃない。僕らは彼らを倒したいんだ」

 スイスは60年以上ぶりの躍進を遂げられるのか。そして、そのための第一歩として王国ブラジルを倒すことができるのか。キックオフは日本時間18日午前3時だ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ