「W杯の初戦でキャプテンマークを巻けるなんて!」 ブラジル、スイス戦の主将はマルセロに決定

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年06月17日

「金では買えない価値がある」

「リレー形式」で決まるブラジル代表のキャプテン。初戦のスイス戦ではマルセロがその大役を担う。(C)Getty Images

画像を見る

 ブラジル代表のマルセロが6月16日、ロシア・ワールドカップ(W杯)初戦のスイス戦を翌日に控え、記者会見に臨んだ。

 所属のレアル・マドリーを巡っては、スペイン代表からジュレン・ロペテギ監督を引き抜いたことが騒ぎ立てられている。スペイン・サッカー連盟はW杯開幕前日、ロペテギ監督を解任していた。

 もっとも、スペイン紙『Marca』によれば、マルセロはロペテギ新監督に関する質問にはいっさい応じなかったようで、ブラジル代表の広報担当も「マルセロはW杯に関する質問にしか答えない」と強調した。
 
 そのW杯の初戦で、マルセロはキャプテンを務めることが決まった。ブラジル代表では「リレー方式」でその試合のキャプテンを決めているが、マルセロはスイス戦で腕章を巻くことについて、「26歳の頃からマドリーで副キャプテンを務めている。その経験で代表に貢献できると思っているよ」と自信を伺わせている。

「もちろん、スイス戦でブラジルのキャプテンになることは嬉しい。自分の国の代表選手になるというのは、子供の頃から夢見ていたことだし、W杯の初戦でキャプテンマークを巻くことには金では買えない価値がある」

 マルセロは「時間とともに僕は経験を積み、知名度を手にした。自分の頑張りと明るさでセレソンを助けたい」と続けた。

「チームを助けるために、自分の持てるすべてで貢献したい。自分の経験が助けになることを願っているよ。ただ、もっとも大切なのはチームが助け合うことだ」

 セレソンはマルセロ主将の下で団結し、スイスとの初戦で白星発進できるのだろうか。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ