メッシは“神頼み”に応えられず…「PK失敗は辛かった」と吐露

カテゴリ:国際大会

白鳥大知(ワールドサッカーダイジェスト)

2018年06月17日

誰もが「アルゼンチンはメッシがすべて」だと知っている。

メッシはロシアW杯初戦で決定的な仕事ができず。(C)Getty Images

画像を見る

【ロシアW杯 グループD第1戦】アルゼンチン 1-1 アイスランド/6月16日/スパルタク(モスクワ)

 試合終了のホイッスルが鳴ると、ボールを上空高くに蹴り上げ、悔しさを露わにして天を仰ぐ。ロシアW杯の絶対的主役、リオネル・メッシがいきなり躓いた。

 4-4-2のセカンドトップに入り、序盤から自由に動き回る。2ライン(DFとMF)間のみならず中盤の低い位置まで下がって足下にボールを収め、ドリブルで仕掛け、パスを出し、シュートを狙う――。ビルドアップからフィニッシュまで攻撃の全局面に絡む「バルセロナのメッシ」とほとんど同じだ。

 しかし、公式戦通算54試合で45ゴール・18アシストという怪物級のパフォーマンスを見せた17-18シーズンのバルサとは違い、決定的な仕事はできなかった。仕掛けのほとんどはアイスランドの屈強で統制の取れた守備ブロックに跳ね返され、シュートも決まらない。試合のラストプレーだった直接FKも外した。

 そればりか64分には、自らのロブパスからマキシミリアーノ・メサが倒されて得たPKをまさかの失敗。左側を狙ったシュートは、アイスランドの守護神ハンエス・ハルドールソンに完璧に読まれ、弾かれる。コースが明らかに甘かった。
 
 ボールタッチはハビエル・マスチェラーノの151回に次ぐ同試合2位の115回、シュートは断トツ1位の11本。チームメイトは気を遣いすぎではないかと思うくらい、とにかくボールを集める。アルゼンチンの攻撃はメッシがすべて――。良い悪いではなく、それがいわば不文律だ。だから当然、この背番号10が輝かなければアルゼンチンは勝てない。

 誰もがそれを知っている。スパルタクのサポーターは7割方が水色と白のユニホームで埋まっていたが、そのほとんどの背中には「10」と「MESSI」がプリントされていた。彼らは試合前から、「レオ・メッシ! レオ・メッシ! レオ・メッシ!」と同じチャントばかりを歌っていた。イエス・キリストに似せたメッシの絵を掲げるファンもいた。文字通りの神頼みである。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ