W杯 クロアチア代表コバチッチの代理人とR・マドリーの強化担当者が会談

カテゴリ:国際大会

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2014年06月23日

アンチェロッティ監督も乗り気で、30億円前後相当のオファーを準備中。

20歳の逸材コバチッチの獲得を目論むマドリーは、代理人に接触。インテルは放出拒否の構えだが、はたして……。 (C) Getty Images

画像を見る

 レアル・マドリーは中盤の戦力強化にクロアチア代表の20歳マテオ・コバチッチ(インテル)を狙っている。
 
 代理人のマリオ・マミッチとそのパートナーのジュゼッペ・ボッツォが、6月20日、R・マドリーの強化担当ホセ・アンヘル・サンチェスと会談し、移籍の可能性について話し合った。
 
 カルロ・アンチェロッティ監督は獲得に乗り気な姿勢を見せており、マドリーはすでに2000万-2500万ユーロ(約28億-35億円)のオファーを準備中。ただしインテル側は、コバチッチは将来に向けた構想の中核であり、移籍マーケットに出すつもりはないという姿勢で一貫している。マドリーの動きがインテルをどのように揺さぶることになるのか、反応が注目される。
 
文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野道郎

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ