「即完売続出」のナイジェリア代表キット、モスクワでまだ買えた!

カテゴリ:ワールド

白鳥大知(ワールドサッカーダイジェスト)

2018年06月12日

ファッション性が高く世界的に完売が続出。

モスクワの『ナイキ・ストア』のナイジェリア代表コーナー。

画像を見る

 ロシア・ワールドカップの最注目ユニホームと言えば、『ナイキ』が制作したナイジェリア代表のキットだろう。ライフスタイルとイノベーションが絶妙に組み合わさり、サッカー用とは思えないほどファッション性が高いのだ。
 
 今年2月にロンドンのローンチ・イベントで御披露目した際から大きな話題となり、6月のリリース時も世界中でまさに大混乱に。イギリスではホームユニホームが300万件以上の予約が殺到し、発売日にはロンドンのNIKEショップでわずか数分のうちに完売になったという。
 
 日本でもユニホームもジャージ系も発売とともに入荷分は即完売。6月4日にサッカーショップにいった際も、すでにTシャツくらいしか残っていなかった。ナイキジャパンの広報も「ありがたいことに予想以上の人気です」と語るほどの人気ぶりなのだ。
 
 筆者はロンドンのローンチ・イベントを取材した時、緑の花柄が入ったTRIBUTEジャケットに一目惚れ。日本では残念ながら購入できなかったので、ワールドカップ取材でロシアに行った際は探そうと心に決めていた。
 
 そして、ロシア入りして2日目の6月12日、ルジニキ・スタジアムで取材パスを取得した後、ナイキ系ショップではモスクワ市内最大規模の『ナイキ・ストア』に足を運んだ。
 

モスクワの『ナイキ・ストア』(住所はUlitsa Kuznetskiy Most, 14, Moskva, 107031)

画像を見る

 店内はワールドカップ前とあって1Fがサッカーコーナーに。ブラジル、フランス、ポルトガル、ポーランドなどのコーナーが並んでいる中、ナイジェリアも発見!!
 
 日本未発売だった2ndユニホーム、日本では即売だった白黒のアンセムジャケットやハット、TRIBUTEパンツもまだ売っている。ただ、1stユニホームと筆者のお目当てだったTRIBUTEジャケットは残念ながら見当たらない。店員さんに話しかけると、「あのふたつは世界的にソールドアウトで、ウチもなんだ」とのことだった。
 
 とりあえず、2ndユニホームとアンセムジャケットを読者プレゼント用に購入(大会終了後に発売するワールドサッカーダイジェスト責任編集の『ロシア・ワールドカップ決戦速報号』にてプレゼント予定)。その後、『赤の広場』近くにあるモール内のナイキショップにも足を運んだが、そこにはナイジェリア関連のものが一切置かれていなかった。
 
 いずれにしても、モスクワで『ナイキ・ストア』(住所はUlitsa Kuznetskiy Most, 14, Moskva, 107031)に足を運べば、大人気のナイジェリアのキットはまだ買えた。店員さんいわく「もう数が少ない」とのことなので、ワールドカップ観戦でモスクワに滞在予定の方は、是非とも早めにショップを訪れてほしい。
 
取材・文:白鳥大知(ワールドサッカーダイジェスト編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月23日号
    5月9日発売
    2019年シーズン
    J1&J2序盤戦総括
    全1250選手「通信簿」
    高校サッカー別冊付録も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月16日発売
    WSD恒例企画
    2018-2019シーズン
    「BEST PLAYER」
    マンC優勝記念ポスターも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ