W杯 コロンビア代表クアドラードの代理人がバイエルンと会談

カテゴリ:国際大会

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2014年06月23日

アーセナルも代理人にアプローチ。

スピードに乗った突破が魅力のクアドラードに、バルサ、バイエルン、アーセナルなどがアプローチ。争奪戦が早くも過熱している。 (C) Getty Images

画像を見る

 コロンビア代表で主役級の活躍を見せるファン・ギジェルモ・クアドラードの争奪戦が早くも過熱してきた。
 
 フィオレンティーナが残り半分の保有権をウディネーゼから買い取って完全移籍が成立したばかりだが、バルセロナに続きバイエルン、そしてアーセナルも獲得を望んでおり、代理人のルッチにアプローチしている。
 
 バイエルンとはすでに6月20日までに最初の話し合いが持たれ、来週にはアーセナルとの会談も予定されている。一部報道では、ローマも獲得に乗り出し、すでに交渉が始まったとされたが、これについてはフィオレンティーナがオフィシャルサイトで全面否定している。
 
文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野道郎

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ