【日本代表|GL突破への3か条】コロンビアとの初戦で負けるようならジ・エンドだ

カテゴリ:日本代表

浅田真樹

2018年06月12日

最も番狂わせが起きやすいのは初戦

ラッキーボーイの出現は心強い。ドイツで好調を維持していたFWの武藤は面白い存在だ。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 コロンビア、セネガル、ポーランドと難敵揃いのグループH。格上の相手ばかりのグループリーグを、日本代表が勝ち抜くためには何が必要なのか。〝下剋上〞を起こすための3か条を見識のある7人に訊いた。

――◆――◆――◆――

浅田真樹(スポーツライター)

日本のグループリーグ突破への3か条
その1 初戦での勝利(最低でも引き分け)
その2 ラッキーボーイの出現
その3 グループ全体の展開に恵まれること

 大会直前にゴタゴタがあろうとなかろうと、日本がグループHの4番手であることに変わりはない。つまりは日本がグループリーグを突破するには、番狂わせを起こさなければならないということだ。サッカーに限らず、3年前のラグビーでもそうだったが、ワールドカップのような大舞台で最も番狂わせが起きやすいのは初戦である。グループリーグ突破のためには、初戦の勝利が絶対条件だと言っていい。裏を返せば、そこで負けるようならジ・エンドだ。
 
 そして2002年には稲本が、2010年には本田が現われたように、アップセットを起こすには、少ないチャンスを不思議なほどに活かしてくれる選手の出現が必要だ。日替わりヒーローは強いチームに生まれるものであり、伏兵の意外な躍進を支えるのは特定のラッキーボーイである。
 
 とはいえ、これらすべての要素が揃ったとしても、日本が3戦3勝で悠々突破するとは考えにくい。2010年がそうだったように他の3か国がうまく潰し合い、日本は最終戦を引き分けても突破が決まるとか、そうしたグループ全体の展開に味方してもらう必要もある。つまり3か条にはあえて加えなかったが、絶対に不可欠な要素は何かと言えば、運に尽きる。

――◆――◆――◆――
PROFILE
あさだ・まさき/ 67年生まれ、新潟県出身。国内外を問わず精力的に現地取材。育成年代にも造詣が深く、U-17やU-20W杯なども積極的に取材している。
【関連記事】
【パラグアイ戦のスタメン予想】トップ下は香川でCFは…。右サイドは仰天プランも?
【日本代表】結果か、トライか。西野監督がパラグアイ戦でより求めるものは?
【日本代表|GL突破への3か条】8年前の南アフリカ大会のようなツキがないと
【日本代表|GL突破への3か条】接戦、ロースコアの戦いで1点は取りたい!!
【日本代表|GL突破への3か条】コンディションを整え、”初戦にピーク”を

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ